格安レンタカー、カーシェアも可能に!アース・カーとワンズネットワークが提携

独自プラットフォームの提供で





カーシェアサービスを手掛ける株式会社アース・カー(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:遠藤昭二)は2019年12月15日までに、格安レンタカーチェーンを全国展開する株式会社ワンズネットワーク(本社:千葉県船橋市/代表取締役社長:島一徳)と提携すると発表した。







今回の提携でアース・カー社は事業者向けのカーシェアプラットフォームを提供する。これにより、ワンズネットワーク社はレンタカーをカーシェア車両として無人で貸し出すことが可能になり、担当者が常に常駐しなくてもサービスを展開することが可能になるようだ。

カーシェアサービスを展開するためには車載器やスマートフォンアプリ、予約システムなどが必要となり、アース・カー社のこのプラットフォームはこうしたニーズに対応するものだという。

多くの加盟店を抱えるレンタカーのフランチャイズ企業がこのプラットフォームを導入するのは今回が初めてのことのようだ。

■「社用車のシェア」への関心の高まりも

カーシェアリングの市場規模は世界的に増加傾向にある。欧州や北米、アジアを合わせたマーケットサイズは2015年は1000億円程度だったが、2021年には7000億円まで膨らむという見方も出ている。

個人間(C2C)カーシェアやレンタカーの転用などのほか、最近では「社用車」のシェアに対する関心も高まっている。使っていない社用車をカーシェア車両として貸し出せば、企業としては維持費の軽減につながる。

複数の企業でカーシェアを共同利用する枠組みも誕生し始めている。例えば、トヨタ自動車とソフトバンクなどが出資するMonet Technologies(モネ・テクノロジーズ)は2019年8月、社用車を複数の企業でシェアする法人向けサービスの実証実験を開始している。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事