求人数2カ月連続増!「自動運転」は18,965件、「MaaS」は603件 2021年1月末調査

コロナ禍の落ち込みからの回復が鮮明に



日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2021年1月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。







■自動運転:前月比4.7%増の1万8,965件、2カ月連続増

「自動運転」の関連求人案件数(主要転職6サイト)は、2021年1月末時点で前月比4.7%増の1万8,965件となった。増加は2カ月連続で、案件数が1万5,000件台まで落ち込んだ2020年11月からすでに大きく回復している。

転職サイト別では、Indeedが前月比4.5%増の1万6,719件、dodaが同5.5%増の1,268件、リクナビNEXTが同8.8%増の741件、マイナビ転職が同4.9%増の106件、ランスタッドが同1.2%減の79 件、エン転職が同1.9%増の52件だった。エン転職は5カ月連続増となっている。

■製造アウトソーシング業界の企業による求人も

「自動運転」の関連求人案件では、自動運転関連の技術開発に力を入れている大手自動車メーカーや部品メーカー、自動運転向けシステムなどを開発する企業で、引き続き活発な募集が行われている。企業から製造をアウトソーシングで請け負う企業による求人も目立ち始めている。

■MaaS:前月比5.2%増の603件、2カ月連続増

「MaaS」の関連求人案件数(主要転職6サイト)は、2021年1月末時点で前月比5.2%増の603件だった。こちらも「自動運転」と同じく2カ月連続増だ。

転職サイト別では、Indeedが前月比0.003%増の258件、dodaが同18.0%増の196件、リクナビNEXTが同1.5%減の129件、マイナビ転職が同66.6%増の5件、ランスタッドが前月と変わらず10件、エン転職が同16.6%減の5件という結果となっている。

MaaSに関する実証実験は国内で活発に行われつつあり、こうした状況を反映してか、新たにMaaSビジネスを立ち上げるために、事業開発職などを募集する企業も目立ち始めている。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事