世界初の「空飛ぶバイク」、2023年発売へ!米企業、4,200万円を予定

Jetpack Aviationの「The Speeder」



出典:Jetpack Aviation公式サイト

アメリカのベンチャー企業Jetpack Aviationが、「空飛ぶバイク」の販売開始へ大きく前進した。プロトタイプ機のフライトテストを成功させたことをこのほど発表しており、早ければ2023年にも機体の発売開始を計画しているようだ。

■The Speeder、商用バージョンは4,200万円?

Jetpack Aviationが開発している空飛ぶバイクは「The Speeder」。同社は長年にわたってVTOL(垂直離着陸機)を開発してきたノウハウを武器に、カリフォルニア州にある施設でエンジンテストやフライトテストを行ってきた。







アメリカのライフスタイル誌「ロブ・レポート」の取材に対し、同社のDavid Mayman最高経営責任者(CEO)は「2年以内に『ウルトラライト』バージョンを完成させる」と語っている。

ウルトラライトバージョンの最高時速は60マイル(時速96キロ)を予定しており、飛行時間は15分以内に制限される形となるという。機体には合計8つのタービンを設置し、約600ポンド(約270キロ)まで荷物を載せることを可能にするようだ。

機体は「商用バージョン」や「軍用バージョン」の開発を行うようで、報道によれば、初期の商用バージョンの価格は38万1,000ドル(約4,200万円)を予定しているようだ。

■「世界初」の称号を手に入れられるか

空飛ぶクルマは、すでに自動車メーカーや航空機メーカー、ベンチャー企業などによって盛んに開発が進んでいるが、空飛ぶバイクについてはあまり聞かない。Jetpack Aviationは「世界初」の商用化を目指しており、その挑戦が実現するか注目だ。

【参考】関連記事としては「空飛ぶクルマとは?必要な技術や開発企業を解説」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事