日本初!RFIDリーダー搭載の自律走行物流ロボを発表 GROUNDとダイオーエンジニアリング

PEER SpeeMa+、EC事業者への導入も目指す



出典:GROUNDプレスリリース

物流技術スタートアップのGROUNDと大王製紙グループのダイオーエンジニアリングは2021年3月7日までに、共同開発した日本初のRFIDリーダー搭載の自立型協業ロボット「PEER SpeeMa+(ピアスピーマプラス)」の提供を開始した。こうしたロボットは日本初だという。

同ロボットは「AMR」と呼ばれる自立移動タイプの物流ロボットで、GROUNDの自律型協働ロボット「PEER」と、ダイオーエンジニアリングのRFIDソリューション「SpeeMa」を組み合わせたものだ。ピッキング作業において作業者を支援し、作業効率の向上に貢献するという。







■PEER SpeeMa+に搭載された「RFID」とは?

GROUND社は2015年4月に設立された企業だ。PEERは中国の大手ロボット企業と共同開発して2019年末から提供が開始されており、マップ作製と位置推定を同時に行うSLAM技術とカメラ・レーザーを連携させるなどし、自律走行を可能にしている。

このPEERとダイオーエンジニアリングのRFIDリーダーが組み合わせられ、今回のPEER SpeeMa+の提供が開始されたわけだが、RFIDとはどういった技術だろうか。

RFIDとは日本語では「無線自動識別」

RFIDは「Radio Frequency Identification」の略で、日本語では「無線自動識別」などと訳される。具体的には、ID情報を埋め込んだRFタグと無線で情報をやり取りすることができる技術で、非接触でデータの読み込みや書き込みができることが特徴だ。

バーコードに代わるシステムとして、さまざまな業界で導入が急速に進んでいる。Suicaなどの交通系ICカードや車のスマートキーなどでも技術が活用されている。

RFIDでピッキングの人的ミスを無くす

では具体的には今回提供を開始するPEER SpeeMa+は、倉庫内のピッキング作業でどのように作業者を支援するのか。

報道発表によれば、PEER SpeeMa+は管理システムからピッキングの指示を受けたあと、自律的に商品の場所まで最短ルートで移動する。その後、作業者が商品の場所に到着したPEER SpeeMa+に商品を載せると、PEER SpeeMa+はRFIDで指示通りの商品がピッキングされたことを確認する。

こうした作業が繰り返され、全てのピッキングが終えたあと、PEER SpeeMa+は自律走行で梱包エリアまで商品を搬送する。つまり、作業者によるピッキングの人的ミスが無くなる上、梱包エリアまでの搬送の負担も減るというわけだ。

ちなみにPEER SpeeMa+は、シップヘルスケアグループの小西医療器への導入が決まっており、2021年3月末から同社の物流センターで本格稼働が始まる予定だ。ピッキング作業を伴う倉庫を有しているEC事業者への導入も目指すという。

■物流ロボの国内市場規模、2030年には1500億円強に

調査会社の矢野経済研究所が2020年9月に発表した市場調査によれば、2019年度の物流ロボットの国内市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比155.3%の131億円4,000万円だった。

日本国内で労働力不足が深刻化する中、2014年ごろから物流ロボットに注目が集まり始め、AMRなどの物流ロボット市場は今後も拡大していく見込みで、2025年度は583億円、2030年度には1,509億円規模まで大きくなるという。

このような市場拡大が見込まれる中、GROUNDとダイオーエンジニアリングが共同開発したPEER SpeeMa+の導入も、好調に進んでいきそうだ。

【参考】関連記事としては「ずらり2ケタ成長!自動運転関連市場の成長率が驚異的」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事