GMが新たに22億ドル投資、”ハンドル無し”自動運転車の量産視野

デトロイト・ハムトラムク工場に





出典:Cruiseプレスリリース

自動車メーカー大手の米GM(ゼネラル・モーターズ)。子会社のCruise(クルーズ)が2020年1月に入ってオリジナルの自動運転コンセプト車両「Origin(オリジン)」を発表し、ハンドルやペダル類がないその先進的な車両設計が話題になった。

そんな中でGMは1月27日に新たな報道発表を行った。新たに22億ドル(約2400億円)をデトロイト・ハムトラムク工場に投じ、まずは電動ピックアップトラックを、そしてその後に自動運転EVを、さらにはCruiseのオリジンも組み立てられるようだ。







■「絵に描いた餅」で終わらせない強い意思

Cruiseが1月21日に発表した「オリジン」については、自動運転ラボも「GM Cruise、ハンドルなしオリジナル自動運転車を発表!」で紹介したが、ハンドルやペダル類がなく、車内の対面シートが印象的なデザインとなっている。

ライドシェア型の自動運転タクシーとしての活用が見込まれていると考えられ、この車両を使った配車サービスの実証実験が遠くない未来に開始されることが予想される。ちなみに車両の開発はCruiseに投資するホンダとの協業で進められてきた経緯がある。

自動運転コンセプトカーの発表は世界で相次いでいるが、今回のGMのように具体的な量産のロードマップも明らかにされるケースは決して多くない。今回の発表は「絵に描いた餅」で終わらせないというGMの強い意思がひしひしと感じられる。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事