自動運転技術@CES 2020、ことごとくNVIDIAの技術が関わっていた

ソニーの自動運転車やLuminarの新型LiDARにも





出典:NVIDIA公式サイト

米半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は近年、「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)領域における技術のプロバイダーとして、その地位を徐々に確立させつつある。

米ラスベガスで2020年1月7〜10日に開催された世界最大の技術見本市「CES 2020」においても、さまざまな企業の展示にNVIDIAの技術が関わっていた。その一端を紹介していこう。







■ソニーの自動運転車「Vision-S」のコックピットでも

日本のソニーはCES 2020で、自動運転車のプロトタイプ「Vision-S」を発表している。NVIDIAによれば、このプロトタイプの開発でNVIDIAはソニーと協力したようだ。

具体的にどのような点で協力したかは明確には明らかにしていないものの、NVIDIA側はVision-Sについて「インテリジェントなコクピット体験に向けたきわめて明瞭なグラフィックスを採用しています」とした上で、「最も革新的な特徴はこれを作ったのが自動車メーカーではないという点です」と説明している。

■メルセデス・ベンツのMBUXインフォテインメントでも

CES 2020におけるメルセデス・ベンツの展示でも、NVIDIAの技術が取り入れられていた。NVIDIAはメルセデス・ベンツについて「NVIDIAの技術を使った革新的なMBUXインフォテインメント技術をさらに推し進める予定」としている。

このMBUXインフォテインメントとは、メルセデス・ベンツ独自の対話型インフォテイメントシステムで、CES 2020で発表された自動運転EVコンセプトカー「Mercedes-Benz VISION AVTR」では、同システムをさらに昇華させ、手を置くだけで車両の制御の一部が可能となる機能も紹介された。

■ヤンデックスの自動運転車やLuminarの最新LiDARでも

「ロシアのグーグル」とも呼ばれるロシアの検索大手ヤンデックスは、CES 2020に合わせて自社開発の自動運転車のデモ走行を行っている。その自動運転車両ではNVIDIAの「NVIDIA DRIVEエコシステム」が活用されているようだ。

またそのほかにも、LiDAR開発企業の米Luminarが発表した自動運転レベル3〜4用の「Hydra LiDAR」で、NVIDIAの「NVIDIA Xavier」が搭載されていたという。

世界の自動車メーカーや部品メーカーなどとパートナーシップを多く結び、最近では自動運転領域の裏方的存在として各社の技術を支えているNVIDIA。CES 2020はこうしたNVIDIAの取り組みや姿勢が改めて鮮明になった技術見本市となった。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事