アウディ新事業、CEOお墨付きの”自動運転エリート”が責任者に

トヨタやアップルでも敏腕を発揮





アレックス・ヒッツィンガー氏=出典:アウディプレスリリース

ドイツの自動車大手アウディは新プロジェクト「Artemis」の設立を発表した。責任者に選ばれたアレックス・ヒッツィンガー氏は自動運転の分野でなかなかの経歴の持ち主で、トヨタとアップルでも開発にも関わったCEOお墨付きの「自動運転エリート」だ。

この記事では新プロジェクトの概要に触れつつ、ヒッツィンガー氏の経歴を紹介しよう。







■新プロジェクト「Artemis」が目指すもの

今回の新プロジェクトでは、特定のモデルに向けて開発する電気自動用の新しいテクノロジーや高度な自動運転技術の実現がメインとなる。最初の取り組みとして、2024年に導入予定の高効率な電気自動車を開発するという。

ドイツ・インゴルシュタットにあるハイテク技術の中心組織「INCampus」から、米国の西海岸にある研究開発センターに至るまで、同社のグローバルな経営資源を活用でき、自由度の高いプロジェクトとなっている。

同社のマルクス・ドゥスマンCEOは「フォルクスワーゲングループの各ブランドは、高度なテクノロジーを蓄積し、非常に多くの可能性を秘めています」とした上で、「グループは2029年までに75の電動化モデルを導入することを計画しており、私たちは持てる力のすべてを遺憾なく発揮する必要があります」と語っている。

そしてこのプロジェクトの責任者に任命されたのが、自動運転分野で経験豊富なアレックス・ヒッツィンガー氏だ。ドゥスマン氏はヒッツィンガー氏について「革新的な考え方と優れた行動力を高く評価しています」と述べている。

出典:Audiプレスリリース
■CEOお墨付きのヒッツィンガー氏の経歴

こうしたドゥスマンCEOお墨付きのヒッツィンガー氏は、どのような経歴の持ち主なのだろうか。

同氏は、トヨタモータースポーツの開発エンジニアとして自動車業界でのキャリアをスタートした。その後、フォード・コスワースではF1史上最年少のチーフ開発エンジニアに抜てきされ、注目を集めた。

フォルクスワーゲングループではポルシェのモータースポーツチームを指揮し、2015年から2017年にかけて、スポーツ車の歴史あるレース「ル・マン24時間レース」を含む世界耐久選手権で優勝するなど、多数の功績を挙げている。

その後、アップル社で自動運転車の製品開発プロジェクトに携わった後、フォルクスワーゲングループに復帰し、フォルクスワーゲン商用車部門で自動運転や「ID. BUZZ(アイディ・バズ)」の開発を担当した。

今回の発表に至るまで、フォルクスワーゲン商用車部門の技術開発担当取締役とフォルクスワーゲングループにおける自動運転担当の上席副社長を兼任しており、経験豊富な彼の手腕に期待が寄せられている。

■【まとめ】自動運転技術のさらなる向上の予感

アウディといえば、世界で初めて自動運転レベル3(条件付き運転自動化)に対応した自動車「A8」を販売したことで知られる。

そんなアウディの新プロジェクトの責任者に自動運転分野に精通したヒッツィンガー氏が就いたことは、同社の自動運転技術のさらなる向上を予感させる。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事