世界最高の「車の動き予測AI」、東芝が自動運転社会を近付ける

安価な車載カメラと慣性センサーを活用





東芝は2020年6月7日までに、自動車やドローンなどの安全性向上や自動走行・自律移動の実現に向け、”自車両”の動きを高精度に推定する「自車両の動き推定AI」と、様々な交通シーンで”他車両”の将来の動きを予測する「他車両の動き予測AI」を開発したと発表した。

「自車両の動き推定AI」と「他車両の動き予測AI」のいずれも、車載カメラと動きを検知する慣性センサー(加速度センサー、角速度センサー)が用いられる。







公開データを用いた実験では、従来技術と比較して推定誤差を40%削減して世界最高精度を達成した。一般道でも対応可能だという。

東芝は6月1日にオンライン開催された「International Conference on Robotics and Automatio」でこの技術を発表した。

■自車両の動き推定AI:高速道路でも高精度な推定

「自車両の動き推定AI」では周囲環境の3次元空間地図の作成と車両位置の推定を同時にこなす技術をベースに、慣性センサーを用いている。

車両の動きに応じてカメラ、加速度センサ、角速度センサごとのデータの有用性を各時刻で判定し、変化がある有効なセンサーだけを組み合わせて車両の動きを推定する。この技術は加速減の大きいドローンにも対応するという。

出典:東芝
■他車両の動き予測AI:さまざまな道路形状で有効な「他車両の動き予測AI」

「他車両の動き予測AI」は、実際の道路形状に依存せずに高精度な予測が可能だ。道路形状を一般化した幾何学的な特徴をディープラーニングで学習し、一般道など多様な交通シーンが想定される道路形状でも予測AIモデルの作成が不要となった。

車線ごとの動き予測と将来走行する可能性の高い車線を予測する2段階構成だという。

出典:東芝
■【まとめ】エンジニア育成にも余念がない東芝グループ

自動運転領域での過酷な競争に勝ち残るため、東芝グループは優秀なエンジニア確保に向け、東京大学大学院情報理工学系研究科と共同でAI技術者育成プログラムに取り組んでいる。2022年度までにグループ内のAI技術者を現在の3倍である2000人まで増強する計画だ。

「AI×自動運転」での躍進を誓う東芝。今回の技術は2023年度の実用化を目指すという。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事