建設業界で自動操縦標準機を開発!「ASCS」プロジェクトとは 自動運転技術も活用!?

自律走行・操縦システムの研究開発





出典:JIG-SAW社プレスリリース

機械の自動操縦や自律走行(自動運転)の取り組みは、建設業界でも進んでいる。少子高齢化で労働力不足が今後さらに深刻化する中、省人化や業務の効率化につながるこうした先端技術への注目度が増しているのだ。

この記事ではIoTエンジニアリングを手掛けるJIG-SAW株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:山川真考)と建機事業の酒井重工業株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長社長:酒井一郎)が共同で業界標準機開発に取り組む「ASCS for Compaction Equipment」プロジェクトについて解説していく。







■業界標準機開発プロジェクト「ASCS for Compaction Equipment」

酒井重工業の建機であるロードローラとJIG-SAWの自律走行・操縦ソフトウェアを連携させるべく、両社は2015年からロードローラ向けの自律走行・操縦システムの研究開発に取り組んでいる。

2019年内には実現場での実験が可能なレベルになり、同一現場で使用される締固め機械やほかの建機との協調制御機能についての開発もスタートさせている。

両社はこのプロジェクトに関し、ロードローラ向け自動操縦などの機能を実用搭載する業界標準機を開発するという位置付けを明確にし、2019年6月にはAuto-Drive Synchronized Control System(ASCS)プロジェクトの一環として、締固め機械向けの「ASCS for Compaction Equipment」を正式な共同開発プロジェクトとする覚書を結んでいる。

今後、締固め作業の自動制御や複数車両で協調制御する自律走行をはじめ、車両外からの手動遠隔操縦を実現するリモートコントロール、稼働管理に必要な車両情報を収集して管理・活用するIoT、エンドユーザー向けのクラウド上の管理コンソールなどについて重点的に取り組むという。

■安藤・間や大成建設も参画!

ASCS for Compaction Equipmentプロジェクトには、すでの大手建設会社の大林組や安藤・間、大成建設が参画している。今後も関連業界各社との広範囲の連携を目指していくという。

自動運転というと人やモノの輸送・輸送というイメージが大きいが、建設業界での活躍も期待される。農業での活躍も含め、自動化技術の活躍のフィールドは実に多い。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事