ANAとエアロネクスト、空で「レベル4」の物流ドローン実現へ

有人地帯での補助者なし目視外飛行へ、業務提携





出典:エアロネクスト社プレスリリース

ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:片野坂真哉)=ANAHD=と、次世代ドローンの開発を手掛ける株式会社エアロネクスト(本社:東京都渋谷区/代表取締役CEO:田路圭輔)は2020年5月21日までに、業務提携を発表した。

業務提携により、有人地帯での補助者なし目視外飛行が可能な「空の産業革命レベル4」の物流ドローンの共同開発に両社で取り組む。







ANAHD側は、機体整備や運行管理に必要な機能などドローンオペレーターとしての知見を提供する。同社はこれまでに、福岡県福岡市や長崎県五島市などで無人地帯での補助者なし目視外飛行(レベル3)による実証実験に取り組んだ実績などを有する。

一方エアロエンクスト側は、重心制御技術「4D GRAVITY」を提供する。同社ではこの技術を搭載した物流用ドローン「Next DELIVERY」の開発を進めてきた経緯がある。

業務提携により両社の技術を融合した機体を量産化し、広く普及を目指していく。

■「空の産業革命 レベル4」とは?

そもそも空の産業革命における飛行レベルとは、どういったものなのか。首相官邸が2019年6月に発表した「空の産業革命に向けたロードマップ2019」によると、空の産業革命レベル4とは「目視外での補助者なし有人地帯での飛行」の段階だ。

ちなみに「レベル1」は目視内での操縦、「レベル2」は目視内での自動・自律飛行、「レベル3」は、山や海水域などの無人地帯における補助者なしでの目視外飛行という定義だ。

レベル4の実現に向けた取り組みが今後の注目点で、両社の取り組みは物流ドローンの最先端をいく注目のプロジェクトとなりそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事