AGL、コネクテッドカー向け最新版UCB 9.0を発表!新機能は?

セキュリティの強化、音声認識の改善も





コネクテッドカー向けのオープンプラットフォームを開発する「Automotive Grade Linux」(AGL)は2020年4月26日までに、AGLプラットフォームの最新版であるUCB 9.0(コードネーム:Itchy Icefish)を発表した。







AGLのメンバー企業が共同開発しているUCBは、インフォテインメントやテレマティクスの車載ソフトウェア・プラットフォームで、オープンソースであることも特徴だ。今回発表されたUCB 9.0の新機能を紹介しよう。

■UCB 9.0の新機能・アップデート内容は?

最新版のUCB 9.0はオーディオの機能強化や、コネクティビティの改善・拡張といった内容をアップデートしている。以下羅列になり恐縮だが、各新機能やアップデートに関する内容を紹介する。

ちなみにそのさらに詳しい内容は「https://wiki.automotivelinux.org/agl-distro/release-notes#itchy_icefish」からも確認できる。このページは英語表記になるが、詳しく知りたい人はアクセスしてみてほしい。

OTA(Over-the-Air)
〜「ostree(SOTA) 」のアップデート

アプリケーションフレームワーク
〜全体の改善とToken Logicベースのセキュリティを実装。

音声認識
〜「Alexa Auto SDK 2.0」を追加。「Speech-API」とボイスエージェントの統合を改善。音声認識用ディスプレイカードの新しいオープンソース版を追加。

オーディオ
〜「PipeWire」と「WirePlumber」を機能強化。

コネクティビティ
〜ネットワークサポートとネットワーク設定の改善。「bluetooth API」の再構築。pbapとmapプロトコルへの拡張。

HTML5アプリ
セキュリティをToken Logic使用に変換。「Web App Manager」と「Chromium」で利用できるHTML5専用イメージを追加。ホーム画面/ランチャー/ダッシュボード/設定/メディアプレーヤー/ミキサー/HVAC/Chromiumブラウザで利用可能なHTMLデモアプリを追加。

インストルメントクラスタ
〜QMLリファレンスアプリ:LINからIVIアプリへのステアリングホイールコントロール、ステアリングホイール/IVIからのCANメッセージを含むアプリを刷新。

ボードサポートパッケージ更新
〜「ルネサス RCar3 BSP」をv3.21に更新(M3/H3、E3、Salvator)。「SanCloud BeagleBone Enhanced + Automotive Cape」のサポートを強化。etnaviv(cubox-i target)を使用したi.MX6を追加。「Raspberry Pi 4」のサポートを強化。

■UCBを既に導入・実装している企業は?

先ほど紹介したように、UCBはコネクテッド分野のサービス開発促進のために構築されているオープンソースのプラットフォームだ。既にAGLのメンバー企業がUCBを導入・実装しているケースも少なくない。

例えば、メルセデス・ベンツは2018年6月、商用車向けの新しい車載オペレーティングシステムの基盤としてAGLを使用していることを発表している。日本のトヨタは、2018年モデルのカムリからAGLベースのインフォテインメントシステムを使用しており、現在ではほとんどのトヨタ車とレクサス車に搭載しているという。

自動車に乗る側の人は、車載インフォテインメントシステムにどのようなプラットフォームが利用されているかあまり意識しないと思うが、業界ではこうしたオープンソースのプラットフォームの開発が着々と進んでいるのだ。

■【まとめ】業界関係者はUCBの今後に注目を

AGLは2012年にトヨタらが中心となって設立された国際組織で、2020年4月現在では150社を超える企業が参加するまでに至っている。そのAGLのUCBの最新版だけに、業界関係者は新たな機能やアップデート内容については一定程度の知識を持っておきたいところだ。

コネクテッドカーの数は一層増えていくことは確実であり、よりAGLの動きへの注目度は今後より高まっていく。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事