ACCESSがガチで目指す「車中エンタメ王」の座 自動運転時代見据え、協業・提携・買収と続々

中国の大手動画サービス事業者との協業も発表





ソフトウェア開発のACCESS社は2020年4月24日までに、中国の大手動画サービス事業者であるNewTV社と協業し、車載エンターテインメントとして中国語番組をコネクテッドカー向けに提供することを発表した。







同社はこれまでも車載エンターテインメント領域でさまざまな企業と協業などを行い、自社のプラットフォームを強化している。目指すは「車中エンタメ王」の座だ。改めて同社のこれまでの取り組みをおさらいしていこう。

■Twine for Carとは?

自動運転時代が将来到来することも見据え、ACCESS社は自社の車載向けマルチメディアコンテンツ共有ソリューションである「Twine for Car」の開発に力を入れている。

Twine for Carは、車内のあらゆるコネクテッドエンターテインメントを使い勝手の良いインターフェースにまとめたソリューションで、2018年4月から提供されている。最新版である「ACCESS Twine for Car 3.0」は2019年12月にリリースされている。

■ACCESS社、協業・提携・買収…

ACCESS社はこのTwine for Carの機能を充実させるため、さまざまな動きをみせてきた。

2019年3月:英7digital社と協業開始

有料音楽配信サイトを運営する英7digital社とは2019年3月に協業を開始している。この協業により、Twine for Carに7digital社のIPラジオサービスとAPIを統合させ、ニッチなラジオ局を車載エンターテインメントの新たな主役として招き入れることができた。

2019年4月:独NetRange社を買収

2019年4月には子会社のACCESS Europe社が、車載向け動画配信プラットフォームを手掛ける独NetRange社を買収し、ACCESSの連結子会社とした。NetRange社の車載向けインフォシステムである「OS.CAR」を組み合わせ、Twine for Carの機能をより拡充させたものとみられる。

2019年8月:米Viacom International Media Networks社と業務提携

2019年8月には、世界的に有名なテレビ向けコンテンツを持つ米Viacom International Media Networks社と業務提携を行い、ドイツの自動車メーカー向けにコンテンツ配信することが可能となったという。

2020年3月:仏Radioline社と協業

2020年3月にはグローバルなラジオプロバイダである仏Radioline社との協業を発表した。Radiolineの車載アプリケーションは130カ国9万以上のラジオチャンネルやWebラジオ局、全国・地方番組、ポッドキャストを提供しており、この技術がTwine for Carに統合されたことで、さらに膨大なオーディオ・コンテンツが配信できるようになった。

■【まとめ】自動運転時代の車載テンタメの可能性は無限大

コネクテッドカーの中でも車載エンタメは楽しめるが、自動運転時代には人が運転から解放されることになるため、より自由に楽しみやすくなる。そのためACCESS社が手掛ける事業はまさに将来有望であると言える。

協業や提携、買収…。ACCESS社はさらに今後どのような動きをみせるのか、気になるところだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事