ACCESS社、ドイツ同業を買収 自動運転車向けの車載エンタメ事業を強化

「ACCESS Twine for Car」を一層強化





NetRangeのOS.CAR=出典:ACCESS社プレスリリース

ソフトウェア大手の株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区/代表取締役:大石清恭)は2019年4月19日までに、子会社のACCESS Europe社が車載向け動画配信プラットフォームを手掛ける独NetRange社を買収し、ACCESSの連結子会社となったことを発表した。

近年コネクテッドカーの開発と普及が進み、自動運転車の実現も現実味を帯びていることで、自動車向けメディアに対する注目度が高まっている。アクセスはコネクテッドカーや自動運転車の普及を見据えた車載向けメディア事業を手掛けており、今回の買収により、車載向けエンターメインテントプラットフォームの開発を加速させる。







具体的には、ACCESS社が開発する車載向けソリューション「ACCESS Twine for Car」にNetRange社の車載向けインフォシステム「OS.CAR」を組み合わせ、一層機能を充実させるものとみられる。

両社は報道発表の中で互いの事業に親和性があることについて触れ、自動車業界のエンターテインメント需要に応える製品を協力して開発していくことを強調している。







関連記事