約4カ月で乗車2万人!羽田イノベーションシティの自動運転バス

BOLDLYやマクニカなどが協力して運行



出典:BOLDLY公式Facebookアカウント

羽田空港近くの複合施設「羽田イノベーションシティ」で定常運行中の自動運転バス「NAVYA ARMA」が、運行開始から134日で累計乗車数2万人を突破したようだ。BOLDLYがFacebookの投稿で2020年2月16日までに明らかにしている。

■2020年9月から始まったNAVYA ARMAの定常運行

自動運転バス(定員11人)の定常運行は移動の利便性向上を目的に、2020年9月から無料の構内循環バスとして始まった。毎⽇午前10時半から午後4時半まで運行されており、羽田イノベーションシティの来訪者であれば誰でも無料で乗⾞することできる。







運行はソフトバンク子会社のBOLDLYのほか、羽田未来開発や鹿島建設、マクニカ、⽇本交通が協⼒して行なっている。BOLDLYは⾃動運転⾞両運⾏プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を提供している。

自動運転バスとして使用しているNAVYA ARMAは仏Navya社製で、マクニカがNAVYA ARMAのメンテナンスなどを手掛けている。ちなみにこれまでに、スタートから約3週間で累計乗車数が4,000人に達したことが明らかにされていた。

羽田イノベーションシティにおけるこの自動運転バスの運行の最新情報は、公式サイト「《公式》HANEDA INNOVATION CITY -羽田イノベーションシティ-」から確認することが可能だ。

■「2万人達成」は運行を安定的に継続できた証

今回の2万人達成は、自動運転バスの定常運行を安定的に継続できた証であると言える。また、多くの人が乗車したことで、自動運転バスの社会受容性を高めることにも一役買ったはずだ。

ちなみに羽田イノベーションシティでは、トヨタ自動車が2021年1月にMaaS向け自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」の実証実験を実施したことでも知られる。羽田イノベーションシティは自動運転の実証フィールドとして注目を集めていることも、知っておきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事