トヨタの自動運転用シエナ、初の商業利用か!米May Mobilityが発表

Autono-MaaS車両を地方交通に



出典:May Mobilityプレスリリース

自動運転ベンチャーの米May Mobilityがこのほど発表したプレスリリースによれば、自動運転用として開発されたトヨタAutono-MaaS車両「シエナ」を活用した公共交通プログラムが、ミネソタ州で始動するようだ。

プログラムで使用されるトヨタのAutono-MaaS車両は、「米国障害者法」(障害を持つアメリカ人法)に準拠した車両で、車椅子対応となっている。May Mobilityは交通系テック企業のViaと協力し、このプログラムを展開していくという。







詳しくは以下のプレスリリースも参照してほしい。

▼May Mobility and Via launch first rural transit program to use wheelchair accessible ADA-compliant autonomous vehicles
https://www.prnewswire.com/news-releases/may-mobility-and-via-launch-first-rural-transit-program-to-use-wheelchair-accessible-ada-compliant-autonomous-vehicles-301634882.html

■シエナAutono-MaaSの初の商業利用か

プログラムが開始されるのは、ミネソタ州グランドラピッズにおいてだ。

May MobilityのEdwin Olson最高経営責任者(CEO)は「トヨタ・シエナのAuto-MaaS車両による初の商用フリートで、グランドラピッズの人々に最先端の技術とサービスを展開できることを誇りに思う」と述べている。

Olson CEOの言う通りであれば、Autono-MaaS車両としてのシエナの初の商業利用であると言えそうだ。サービスはオンデマンドの乗り合いタクシーとして展開され、誰でも無料で利用することができるという。

ちなみに住民がこのサービスを利用する際には、基本的にはViaのアプリを使う形となるが、「211」に電話をして予約することも可能だという。

出典:May Mobilityプレスリリース
■2017年に設立された自動運転ベンチャー

トヨタから出資を受けているMay Mobility。同社はミシガン州アナーバーで2017年に設立され、自動運転技術に磨きをかけてきた。そんなMay Mobilityがトヨタ製車両を活用して今後さらにどのような展開を見せていくのか、業界の関心がさらに高まっていきそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事