Autono-MaaS

トヨタのe-Palette(イーパレット)とは?自動運転EV、東京オリンピッ...

次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘めたコンセプトモ...

トヨタの自動運転戦略とは?2021年もアクセル全開 東京五輪でe-Palle...

世界の自動車販売において、独VW(フォルクス・ワーゲン)グループやルノー・日産・三菱アライアンスと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2021年以降も...

トヨタのロボタクシー用車種、第1号は「シエナAutono-MaaS」か 自動...

トヨタはこのほど、ソフトウェアとコネクテッド分野に関する説明会「トヨタのクルマづくりへのこだわりと未来への挑戦」を実施した。 Chief Product Integration Officerの山本圭司氏がプレゼンテーションを...

東広島市で「自動運転車で小売りMaaS」実現へ!ソフトバンク、連携協定を締結...

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:宮川潤一)と広島大学、東広島市は2021年7月8日までに、包括的な連携推進に関する協定を締結した。協定の主な内容は、東広島市と周辺地域における「Society 5.0」やスマー...

MaaS実証加速、自治体との連携も(ソフトバンク×自動運転・MaaS 特集)...

自動運転をはじめとする次世代技術に注目し、モビリティ分野への進出を積極的に図っているソフトバンクグループ。モビリティサービスの実装や出資などを通じて同分野における影響力を高めている印象だ。 モビリティサービス関連では、世界的潮...

「トヨタ×CASE」最新の取り組み&戦略まとめ 自動運転、コネクテッド…

自動車業界でCASEの波がスタンダードとなりつつある。C(コネクテッド)、A(自動運転)、S(シェアリング・サービス)、E(電動化)の頭文字をとった造語で、それぞれの領域が研究開発の柱となり、これらの技術やサービスが融合して未来のモ...

自動運転車、孫氏が2月8日に「2年後量産」の真意を語る…のか

ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏は2021年1月29日、世界経済フォーラム主催の会合「ダボス・アジェンダ」にスピーカーとして登場し、「ステアリングのない自動運転車の大量生産が2年後には始まると思う」と発言した。 自動運転市場の...

トヨタWoven Cityが革新牽引【最前線「自動運転×スマートシティ」 第...

まもなく着工を迎えるトヨタ主導の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。着工は2021年2月23日となる可能性が高く、その前後から徐々にまちの概要が明かされていくものと思われる。 Woven Cityでは自動運転...

トヨタの章男社長、本日13:30からメッセージ生配信 自動運転やオリンピック...

2019年10月24日に開幕する東京モーターショー。開幕前日の23日の午後、トヨタ自動車の豊田章男社長が何か重要なメッセージを発信するようだ。YouTubeライブを通じ、トヨタの公式サイト上でも当日のその様子が発信されることがこのほ...

自動運転レベル4のトヨタ「e-Palette」、五輪仕様車の詳細は?

東京五輪のワールドワイドモビリティパートナーであるトヨタ自動車は2019年10月13日までに、五輪仕様の自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」の詳細を公表した。世界から注目を集める東京オリンピックでトヨタはどのような先端技...