Arm(アーム)

ソフトバンクG決算、Armに劣らず「自動倉庫」投資も好調 5四半期ぶりの黒字...

ソフトバンクグループ(SBG)は2024年2月8日午後、2024年3月期第3四半期の連結決算を発表した。ビジョンファンド事業の投資損益は6,007億円となり、前年同期の7,300億円の赤字から大きく改善した。 最近の株式相場の...

自動運転、2024年の主役銘柄を大予想!日本株&米国株10選

自動運転技術やサービスがどこまで拡大するか注目が集まる2024年。新進気鋭のスタートアップの活躍をはじめ、自動車メーカーやテクノロジー企業など既存プレイヤーの巻き返しにも注目したいところだ。 2024年はどのような企業が台頭す...

【2023年9月の自動運転ラボ10大ニュース】自動運転支援道の先行導入地域が...

国内全体が記録的猛暑に見舞われ、なお残暑が続いた9月。自動運転業界も、依然として熱気を帯びた取り組みが続いている。 Armの上場が目玉となったほか、デジタル庁の取り組みにも注目が集まった印象だ。2023年9月の10大ニュースを...

Arm上場後20分間の「爆騰」の正体 自動運転事業の有望性に投資家殺到

ソフトバンクグループ傘下の半導体設計企業である英Arm Holdings(アーム)が2023年9月、米ナスダック市場に上場した。株価は取引開始直後から急騰を見せ、さながら市場全体が自動運転をはじめとしたAI(人工知能)時代を歓迎して...

半導体大手Armの自動運転戦略(2023年最新版)

米ナスダック市場への上場申請が明らかとなった半導体設計企業の英Arm(アーム)。ソフトバンクグループ傘下となった2016年以来、7年ぶりの上場となる。 IoT分野を席捲する同社だが、今後は自動運転をはじめとした新領域での躍進に...

10兆円企業のArm、自動運転業界の「影の覇者」へ!孫正義氏の救世主になるか...

ソフトバンクグループ傘下の半導体設計企業・英Arm(アーム・ホールディングス)が米ナスダック市場に上場申請した。早ければ9月中にも再上場を果たす。孫正義会長肝いりの戦略だ。上場時の時価総額は、最大でおよそ700億ドル(約10兆円)に...

【2023年8月の自動運転ラボ10大ニュース】トヨタが中国で自動運転車量産へ...

全国的な猛暑が続く2023年8月、自動運転業界も変わらず熱いニュースが飛び交った。米国や中国、そしてエストニア企業の活躍が目立つ内容だ。一方、自動運転実装に影を落とすような事案も散見される。過渡期特有の事案とも言えるが、その内容は―...

ソフトバンクビジョンファンドとは?(2023年最新版)

投資会社としての色を年々濃いものへと変えていくソフトバンクグループ。その投資事業をけん引するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)に対する注目度は高い。 2022年の世界的な株安によってSVFは大ダメージを被ったが、202...

ソフトバンクGの命運握るArm、まさかの売上減!なのに株式価値は3.7兆円に...

ソフトバンクグループ(SBG)は2023年8月8日午後、2024年3月期第1四半期(2023年4〜6月)の決算説明会を行った。決算説明会は後藤芳光CFO(最高財務責任者)が担当した。 ソフトバンクビジョンファンド(SVF)が株...

SB孫さんの「Arm上場」で、個人投資家の老後が安泰に!?

ソフトバンクグループの半導体設計企業・英Arm(アーム)の上場がいよいよ現実味を帯びてきた。報道によると、2023年中の米ナスダック上場を目指す方針で、すでに水面下で動きがあるようだ。 上場時の企業価値は6兆円規模に達するとの...