資金調達

Luminarの年表!自動運転の目「LiDAR」を開発

自動運転に欠かせないセンサーとして年々存在感を高めているLiDAR。開発においては自動運転システム同様スタートアップの活躍が著しいが、その代表格がLuminar Technologies(ルミナー・テクノロジーズ)だ。同社は2020...

米Ghost、「後付け」で自動運転化を実現!3,495ドルで販売開始へ

高速道路に特化した自動運転技術開発で知られる米スタートアップGhost Locomotion(ゴースト・ロコモーション)は2021年7月4日までに、1億ドル(約111億円)の資金調達を完了したことを発表した。 これはGhost...

トヨタ出資のPony.aiが上場検討 米中で自動運転開発、有望性抜群

米中で自動運転開発を行うスタートアップPony.ai(小馬智行)が、アメリカ市場での株式上場を検討しているようだ。ロイター通信が2021年7月2日までに報じた。 自動運転業界ではLiDAR企業の上場が相次いでいるほか、Pony...

ブリヂストンが出資した米Kodiak Robotics、トラック自動運転化の...

広大な土地を持つアメリカで走る長距離トラックに、自動運転技術を本格導入しようとしている企業がある。米スタートアップのKodiak Roboticsだ。2018年に創業後、すでにセーフティドライバー付きでの自動運転トラックによる長距離...

岡山の空を飛んだ「空飛ぶクルマ」は中国EHang製!どんな企業?

岡山の空をEhang(イーハン)という中国メーカーの「空飛ぶクルマ」が飛行した。2021年6月4日に岡山県笠岡市の「笠岡ふれあい空港」で空飛ぶクルマの実証実験が行われ、イーハン社製の機体が用いられたのだ。 この実証実験は、一般社団法人...

EC大手、自動運転配送に熱視線!アリババ、Amazon、楽天、京東集団の取り...

中国EC最大手のアリババは2021年6月、傘下の物流企業「菜鳥網絡(Cainiao Network)と自動運転トラックを共同開発する計画を発表した。1年以内に自動配送ロボット1,000台の導入も目指すという。 アリババや米アマ...

自動運転コンビニ、中国Neolixが150台超展開へ!北京が免許交付

自動運転タクシーの実用化に沸く中国だが、配送や小売りなどの用途で活用する自動運転車の実証も加速しているようだ。自動運転配送車両の開発を手掛ける中国スタートアップのNeolix(新石器)が2021年5月、北京市から公道走行免許を取得し...

トヨタが空も制す!?空飛ぶクルマの官民協議会に新たに参画

空飛ぶクルマの実現を目指す「空の移動革命に向けた官民協議会」の第7回協議会がこのほど開催された。会合では、各ワーキンググループ(WG)の検討状況などが報告されたほか、新たにトヨタ自動車など10企業が協議会に加わることが確認された。 自...

「あらゆる水上モビリティを自律化」 Eight Knot、自動運転船の社会実...

陸や空の自動運転・自律飛行だけではなく、水上モビリティの自動化・自律化に向けた開発も進んでおり、新たな移動・輸送手段として期待されている。 2021年3月に設立されたばかりの株式会社エイトノット(本社:大阪府堺市/代表取締役:...

「自動運転×物流」のJDロジスティクス、香港で上場へ スマート物流システムを...

中国EC大手JDドットコム(京東集団)の系列企業としてスマート物流システム開発を手掛けるJDロジスティクスが、2021年5月中にも上場するようだ。同社は自動運転技術を活用した配送車両・ロボットの開発でも知られる。中国メディアなどが報...