自動運転レベル3

レベル3発売計画、相次ぎ判明!2021年11月の自動運転ラボ10大ニュース

2021年も残すところあと1カ月余りとなったが、自動運転分野は早くも師走のようなにぎわいを見せている。独BMWや韓国ヒュンダイのレベル3発売に向けた計画がそれぞれ報じられ、レベル3時代がいよいよ世界で幕を開けることになりそうだ。 ...

自動運転レベル3市販車、2022年における各社の発売計画一覧

ホンダが自動運転レベル3「トラフィックジャムパイロット」を搭載した市販車を発売し、半年以上が過ぎた。レベル3搭載の市販車については、未だ明確に追随する動きは出ていないが、ライバル勢の開発も大詰めを迎えつつあるようだ。 この記事...

ホンダの自動運転戦略(2021年最新版) レベル3車種「レジェンド」を発売

米GM、Cruise(クルーズ)との自動運転モビリティサービスに向けた協業や、世界初の自動運転レベル3搭載量販車の販売など波に乗るホンダ。自動運転分野では目立たず静観している印象が強かったホンダが、ついに本領を発揮し始めたようだ。 ...

ダイナミックマップとは?自動運転の基盤となる地図、トヨタやゼンリンの動きは?...

自動運転業界では、一定条件下で自動運転が可能なレベル3の市販車が発売され、いよいよ自動運転時代の幕開けといった様相を呈している。レベル3はまだ運転手を必要とするが、次のフェーズであるレベル4では特定エリアでAI(人工知能)が全ての運...

自動運転の歴史を解説(2021年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しているが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記事では、自動運転開発黎明期から現代につながる開発の...

韓国ヒュンダイ、2022年に自動運転レベル3の市販車を発売へ

韓国最大手の自動車メーカーである現代自動車(ヒュンダイ)は、2022年にも自動運転レベル3(条件付き運転自動化)の機能を搭載した市販車に市場に投入する計画だ。 2021年11月10日に同社が開いたヒュンダイ開発会議の基調講演で...

自動運転、公道の一般道でいつから可能に?高速道路では?

2021年春、渋滞運転機能「トラフィックジャムパイロット」を搭載したホンダ「レジェンド」が発売され、高速道路における自動運転レベル3の実用化がスタートした。速度制限などあるものの、自家用車における自動運転の幕開けだ。 一方、一...

自動運転、北米でついにレベル3量産車販売へ!BMW、2022年後半に

ドイツの自動車メーカーのBMWの幹部が語ったところによると、同社は2022年にも「自動運転レベル3」(条件付き運転自動化)を搭載した車両を発売する予定のようだ。米メディアが報じた。 ■2022年後半に北米で発売予定の「7シリーズ」...

LiDAR(ライダー)とは?自動運転向けセンサーとして活躍

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

2022年ヒット予想「自動運転レベル3」が27位 世代が上の男性から期待感

博報堂グループのシンクタンクである博報堂生活総合研究所は2021年11月1日までに、一般消費者が選ぶ「2022年ヒット予想」を発表した。「自動運転レベル3」が27位にランクインし、初めてトップ30位以内となった。自動運転に対する関心...