自動運転レベル3

自動運転とフォールバック(fallback)技術の現状解説(2024年最新版...

人間に代わってコンピュータが運転操作を行う自動運転技術。人間のドライバーは運転操作から解放される一方、コンピュータによる自動運転システムには高い安全性が求められる。 この安全性を高める1つの機能・手法に「フォールバック」(fa...

LiDAR(ライダー)とは?「自動運転」向けセンサーとして注目

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

地味に重要!BMWの自動運転車、「救急車の音」検知機能を実装

音声認識ソリューリョンの開発で知られる米Cerence(セレンス)は、自社開発した緊急車両検知システム「Cerence EVD」がBMWグループに採用されたと発表した。 パトカーなどの緊急車両を検知するシステムで、BMWは自動...

株価93%下落の中国NIO、「自動運転レベル3」の試験許可を取得

中国政府はこのほど、株価が過去最高値から約93%下落している新興EV(電気自動車)メーカーNIOらに自動運転技術のテスト許可を与えた。 これにより、特定の道路においてレベル3の自動運転で試験走行が可能になり、ドライバーはハンド...

自動運転とは?(2024年版)レベル別の開発状況・業界動向まとめ

日進月歩の成長を続ける自動運転業界。日本のホンダが自動運転レベル3の市販車を発売し、メルセデスもレベル3機能の提供をスタートさせた。アメリカや中国ではレベル4の自動運転タクシーが街中を走行し始めている。 こうした状況の中、日本...

エヌビディアCEO、自動運転「最先端はテスラ」と明言

「自動運転の分野を最もリードしているのはテスラだ」。米半導体大手NVIDIA(エヌビディア)のCEO(最高経営責任者)であるジェン・スン・フアン氏は、メディアのインタビューでこう強調した。 テスラの自動運転技術についてフアンC...

運転中の睡魔「危険感じた」69%!待たれる自動運転化

「運転中の睡魔に関するアンケート調査」によると、69.5%が運転中の眠気により危険を感じたことがあると回答したという。情報メディアを運営するしんげん社がプレスリリースで発表した。 実に7割のドライバーが危険を感じたことがあると...

自動運転中、運転手ができること(2024年最新版)

ドライバーレス走行を可能にする自動運転レベル4(高度運転自動化)。従来自動車に付きものだった運転手は必要なくなり、タクシーやバス、トラックなどの商用車から運転手が姿を消すことになる。また、コンシューマー向けの自家用車へのレベル4搭載...

自動運転における「世界初」の取り組み一覧(2024年最新版)

人の移動や物の移動にイノベーションを起こすと言われる自動運転技術。新たな技術の導入が世界各地で始まり、道路交通に変化を及ぼし始めている。 こうした最先端技術の開発や社会実装に付きものなのが「世界初」の称号だ。この5年、10年で大き...

自動運転レベル3、マスク氏負ける!メルセデス、米ですでに65台販売

高級自動車メーカーの独メルセデス社が、2023年12月から米国内で自動運転レベル3(条件付き運転自動化)が可能な車両の販売を既に開始しており、現時点でカリフォルニアとネバダの2州で計65台がDMV(道路管理局)に販売登録されているこ...