自動運転レベル3

自動運転はどこまで進んでる?(2022年最新版)

日進月歩の成長を続ける自動運転業界。この記事を読んでいる人の中には、自動運転技術がどこまで進んでいるのか、整理して理解したい人も少なくないはずだ。 この記事では2022年9月時点の情報をもとに、ADAS(先進運転支援システム)...

自動運転、レベル3とレベル4の違いは?(2022年最新版)

レベル0から5まで6段階に区切られた自動運転レベル。現在、自家用車へのレベル3搭載がスタートしたほか、移動サービスや輸送サービスの用途でレベル4の開発・実用化が進められている。 レベル3は自家用車向け、レベル4はサービス用途向...

自動運転、レベル2とレベル3の違いは?(2022年最新版)

自家用車で普及が進む自動運転レベル2。高度なレベル2はハンズオフ運転が可能となるなど、運転操作に一定のゆとりをもたらす。 一方、一定条件下で自動運転を行うレベル3車両の市場化も進み始めた。現状は高嶺の花的存在だが、技術の高度化...

自動運転に関する専門用語(2022年最新版)

現在進行形で研究開発が進む自動運転の分野では、次々と新しい技術や発想が生み出され、それに伴って聞きなれない用語も数知れず出てくる。LiDAR、ADAS、MaaS、TOR、ODD、ダイナミックマップ…。今回は、自動運転に関する基本的な...

レベル3以上の自動運転車、2030年に世界で700万台規模

日米欧中を中心に世界中で実用化が進む自動運転。自動運転レベル3(条件付自動運転)や、レベル4(高度自動運転)の実証実験も次々行われている。そして、2030年にはレベル3以上のシステムが搭載された車が世界で700万台になるとの調査結果...

自動運転の事故責任、誰が負う?(2022年最新版)

自動運転技術の実用化が加速している。アメリカや中国では自動運転タクシーの実用化が進み、ホンダは世界初の自動運転レベル3搭載者を発売した。 身近な技術となりつつある自動運転だが、いまだに判然としない課題が残っている。自動運転にお...

LiDARとは?読み方は?(2022年最新版)

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

百度CEO、自動運転レベル3を否定 「曖昧な責任」危惧

自動運転タクシーを展開する中国の検索大手・百度(Baidu)のロビン・リーCEO(最高経営責任者)はこのほど、自動運転タクシーとしてまず商業利用されるのは、レベル3の自動運転車ではなく、レベル4の自動運転車である可能性が高い、と語っ...

また絵に描いた餅?マスク氏「年内に自動運転車」発言

テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は2022年8月29日、自動運転車を年内にアメリカ市場と欧州市場に導入することを目指すと語り、広く普及を目指すと発表した。 テスラは高度運転支援機能を「オプション」として販売して...

自動運転中、運転手ができること(2022年最新版)

ドライバーレス走行を可能にする自動運転レベル4(高度運転自動化)。従来自動車に付きものだった運転手は必要なくなり、タクシーやバス、トラックなどの商用車から運転手が姿を消すことになる。また、コンシューマー向けの自家用車へのレベル4搭載...