経済産業省 に関する記事

日本と中国、自動運転分野で合同セミナー開催 経済産業省の世耕大臣ら主導

日本の経済産業省は中国工業信息化部と共同で、「第1回・自動運転に関する日中官民合同セミナー」を2018年10月12日に東京都港区のホテル「グランドニッコー東京」で開催すると発表した。セミナーを通じ、日中の自動運転分野における「交流」...

空飛ぶクルマとは? 仕組みや技術、必要なインフラなど

空飛ぶクルマの実現が現実味を帯びてきた。日本国内ではこれまで民間有志が取り組みを進めていたが、2018年6月に発表された未来投資戦略2018に「世界に先駆けた空飛ぶクルマの実現」が盛り込まれ、これを受けて国土交通省、経済産業省が「空...

「つながるクルマ」化アプリのCariot、経済産業省のIT導入補助金対象サー...

各種クラウドサービスを提供する株式会社フレクト(本社:東京都中央区/代表取締役:黒川幸治)は自社で開発したコネクテッドカーアプリケーション「Cariot(キャリオット)」とそのサービスを進化させ、経済産業省が推進する「IT導入補助金...

経済産業省、空飛ぶクルマの実現推進 官民で協議会設置へ CARTIVATOR...

経済産業省は2018年8月27日までに、2019年の経済産業政策の重点案を発表した。自動運転やものづくり・ロボット、バイオ・素材、スマート保安、スマートライフの5分野を中心に、データ共有を通じた協調領域拡大やAI(人工知能)ベンチャ...

【最新版】自動運転車の実用化による10のメリットとは?社会や人への恩恵は?

自動運転レベル3(条件付運転自動化)搭載車がいよいよ市場に登場し始め、運転を支援するシステムから完全自動運転へまた一歩前進した。法整備や国際的なルールづくりも待ったなしの状況で、より高レベルな自動運転車の実用化も現実味を帯びてきた。...

トヨタ系アイシン精機、スギ薬局とライドシェアサービス「チョイソコ」開始へ

アイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:伊勢清貴)と株式会社スギ薬局(本社:愛知県大府市/代表取締役社長:杉浦克典)は、愛知県豊明市の仙人塚地区で乗り合い送迎サービス「チョイソコ」の実証実験を2018年7月24日から実...

トヨタ退職後に起業…先進モビリティと豊田通商の自動運転追従トラッ...

トヨタグループの総合商社である豊田通商株式会社(本社:名古屋市中村区/代表取締役会長:加留部淳、代表取締役社長:貸谷伊知郎)は2018年6月28日、茨城県つくば市の産業技術総合研究所テストコースで有人のトラックを無人の自動運転ト...

日中、自動運転開発で連携強化 トヨタなども中国重視姿勢

世耕経済産業大臣は2018年5月28日、日中韓情報通信大臣会合への出席のために来日したミャオ・シュー中国工業信息化部部長と会談し、自動車分野において7月をめどに自動運転政策を議題とする課長級対話を開催するなど両国が連携していくことに...

自動運転特許、「安全性」出願が断トツ 中国からの出願数、日本凌ぐ

日本の特許庁は2018年5月14日、平成29年度特許出願技術動向調査を発表した。自動運転の分野では日本国籍の出願が多数を占めるなか、安全性に関する項目では中国が日本をしのいでおり、中国勢の躍進がうかがえる結果となった。 以下、...

コストシェア型の日本のライドシェアアプリ「notteco」ってどんなサービス...

長距離ライドシェア(相乗り)マッチングサービス「notteco(ノッテコ)」が人気だ。株式会社notteco(本社・東京都千代田区/代表取締役・東祐太朗)が運営するサービスで、サービスサイトもシンプルでわかりやすいデザインを採用して...