経済産業省

凸版印刷とZMPの無人物流システム、NEDOの実証実験で活躍

出版大手の凸版印刷と自動運転ベンチャーのZMPが共同開発する無人物流システムが、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2018年12月に実施した物流実証実験で提供されていたことが、2019年4月18日までに明らかになった。...

経産省と国交省、新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」開始 自動運転...

経済産業省と国土交通省は2019年4月8日、地域と企業の協働による意欲的な挑戦を促す新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を開始すると発表した。 将来の自動運転社会の実現を見据え、新たなモビリティサービスの社会実装を通...

経済産業省、「自動走行IT人材戦略」の取りまとめを発表 イベント開催や教材開...

経済産業省は2019年4月8日、「自動走行IT人材戦略」を取りまとめたことを発表した。自動車技術会が主催した「自動運転AIチャレンジ」のようなイベントを拡大し、情報系の学生や自動車業界とは別の業界からトップ人材を引き付けることなどを...

⾃動運転AIチャレンジ、学生や社会人など国内外4チームが参加 自動車技術会が...

公益社団法人「自動車技術会」は2019年3月13日、主催する「Japan Automotive AI Challenge(⾃動運転AIチャレンジ)」の参加4チームなどを発表した。⾃動運転AIチャレンジは3月23日と24日の2日間、東...

【インタビュー】将来あるべきMaaSの姿を模索 JR東日本のモビリティ変革コ...

MaaSとは「Mobility as a Service」の略で、比較的最近誕生した概念だ。その定義についてはブレもあるが、自動車やバス、鉄道などすべての交通手段を統合し、シームレスに移動可能なプラットフォームを構築することが一つの...

経産省の「週一官僚」募集、日当15,030円は安い気が… 空飛ぶクルマ事業

経済産業省は株式会社ビズリーチ(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:南壮一郎)が運営する転職サイト「ビズリーチ」を通じて、「空飛ぶクルマ」プロジェクトのメンバーを2019年3月7日から4月3日まで公募している。 空飛ぶクルマプ...

空飛ぶクルマの実証実験、羽田空港などで年内実施へ

空飛ぶクルマの実証実験が、東京や大阪など4都府県で2019年中にも始まる見込みのようだ。経済産業省と国土交通省が音頭を取り、日本や海外の開発メーカーが参加することになるとみられている。日本経済新聞が2019年2月4日に報じた。 ...

2月は「スマートモビリティ推進月間」 地方と企業のMaaS連携促進へイベント...

経済産業省は2019年2月を「スマートモビリティ推進月間」と決め、同月中に2つのイベントを実施する。MaaSなどの新たなモビリティサービスに取り組む自治体やスタートアップの事例などを広く共有する場にし、地域と民間の連携加速に結びつけ...

完全無人の自動運転レベル4、横須賀市で乗車体験イベント 公道を時速30キロで...

人が全く介在しない無人運転の水準となる「自動運転レベル4(高度運転自動化)」の走行デモが、神奈川県横須賀市で実施される。公道を時速30キロ程度で走行するというもので、主催の事務局はこうした実証実験について「日本初」としている。 ...

「自動運転×人材育成」の最新動向まとめ AI人材育成を国策で推進

狩猟社会から農耕社会、工業社会、そして情報社会と進化してきた世界。現在は、AI(人工知能)社会とでも言うべき次世代を見据えた産業が急成長しており、これは自動運転の分野においても例外ではない。むしろ代表例と言えるほどで、AI技術なくし...