空飛ぶクルマ

日の丸ベンチャーの空飛ぶクルマ、一気に100機も売れた!?

空飛ぶクルマや物流ドローンの開発を手掛ける株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)は2022年12月1日までに、ベトナムのディベロッパーであるPacific Groupと、空飛ぶクルマ導入に関する覚...

空飛ぶクルマの実用化時期は?(2022年最新版)

陸の自動運転車同様、空の移動にイノベーションを起こす「空飛ぶクルマ」の実用化に向けた取り組みが着々と進められている。 海外の一部ではすでに大型契約のもと量産段階を迎えつつあるが、国内はどのような状況となっているのか。2022年...

モビリティの課題は?(2022年最新版)

自動運転や空飛ぶクルマなどの次世代モビリティが、まもなく本格的な社会実装期を迎えようとしている。バスやタクシー、自家用車といった既存モビリティをはじめとする交通社会が、変革の時を迎えているのだ。 新たなモビリティの導入には課題...

モビリティサービスの事例・種類を解説(2022年最新版)

移動や輸送の変革期を迎え、多様化が進むモビリティサービス。モビリティそのものの種類が増し、付随するサービスもIoTやAI(人工知能)技術の進化を背景に多様化が進んでいる。 この記事では2022年10月時点の情報をもとに、モビリ...

【2022年10月の自動運転ラボ10大ニュース】モービルアイがIPO申請、業...

世界経済が混乱する中、自動運転業界も混迷を極めているようだ。モービルアイの上場申請発表といった明るいニュースとともに、アマゾンの宅配ロボット実証中止やLiDAR企業の破産申請といったマイナスのニュースも飛び込んできた。 さまざ...

ホンダの空飛ぶクルマ戦略とは?(2022年最新版)

新領域に向けた取り組みの一環として空飛ぶクルマ(eVTOL/電動垂直離着陸機)の開発を進めるホンダ。地上のモビリティと連携させ、より自由な移動の実現を目指す構えだ。 ホンダが描く未来のモビリティ社会はどのようなものか。2022...

空飛ぶクルマ開発のSkyDrive、資金調達で国内7位に

空飛ぶクルマなどの開発を手掛ける株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)はこのほど、13社を引受先とした第三者割当増資などにより、シリーズCラウンドにおいて総額96億円の資金調達を実施した。 ...

ホンダ社長が描く未来「空飛ぶクルマで移動し、自動運転車が迎えに・・・」

「経営TOPとのパネルディスカッション」と題し、2022年4月1日、ホンダに入社した新入社員約400人とホンダ社長の三部敏宏氏が意見を交わした。 その中で「空飛ぶクルマ」や「自動運転車」が話題にあがり、三部社長は「空飛ぶクルマ...

空飛ぶクルマとは(2022年最新版)

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進む。 国内では、官民一体となって研究開発や実用化を見据えた法整備、...

空飛ぶタクシー、運賃は「1キロ270円」!?米企業が目標値発表

空飛ぶタクシーの運賃がいくらぐらいになるか、予想したことはあるだろうか。ある米企業がこのほど、同社の新開発の空飛ぶクルマを使ったタクシーサービスの運賃の「価格目標」を掲げたので、その数字を紹介していきたい。 ■「1人1マイ...