実証実験

動き出すトヨタのWoven City!2022年は「水素」な1年

トヨタが静岡県裾野市で建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」は、2024年の第1期開業へ向け建築工事が進んでいる。そして開業前の現在でも、トヨタはWoven Cityに関するさまざまな取り組みを進めている。 ...

トヨタ?ホンダ?自動運転タクシー「日本初」となるのは?

自動運転の本格実用化に向けた機運が日に日に高まってきている。自動運転レベル4を実現する改正道路交通法が施行される2023年度は、自動運転サービスの社会実装に向けた取り組みが大きく加速するものと思われる。 自動運転移動サービスの...

世界一キュート!?川崎重工の自動運転配送ロボ、パカッと・・・

自動配送ロボットの社会実装に取り組む川崎重工が、「自動走行ロボットを活用した配送の実現に向けた官民協議会」で実用化に向けた取り組みをプレゼンしたようだ。 エンジンやモーターサイクル、ロボティクスなど持ち前の技術を応用・発展させ...

「自動運転車にしか見えない」特殊塗料、日本企業が発明

総合塗料メーカーの日本ペイント・インダストリアルコーティングス株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:塩谷健)が開発した自動運転用塗料「ターゲットラインペイント」が、自動運転バスの実証実験で用いられる。 実証実験は、20...

爆速展開!百度の自動運転タクシー、すでに140万ライド

中国のIT大手・百度(Baidu)は、同社の自動運転タクシーサービス「Apollo Go」が140万ライドを突破したことをこのほど明らかにした。 Apollo Goは2021年から中国の一部でサービスを提供しているが、2022...

自動運転と大阪の現状(2022年最新版)

IR(統合型リゾート)誘致やスマートシティ・スーパーシティ構想、そして2025年開催予定の大阪・関西万博を原動力にイノベーションに取り組む大阪府・大阪市。賛否両論あれども、未来に向けまちのアップデートを図っていく姿勢はこれからの自治...

自動運転、実証実験の結果一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化に向けた実証が各地で進められている。一部は実用化域に達しつつあり、レベル4法の改正とともに取り組みはますます加速していく見込みだ。 年々進化を遂げている研究開発現場では、どのような成果が上がり、またどのよう...

自動運転技術、仮想世界で「リアル」に実証!ティアフォーに注目

自動運転開発を手掛けるティアフォーはこのほど、自動運転開発プラットフォーム「Web.Auto」にデジタルツイン指向の自動運転シミュレーター機能「AWSIM」を追加した。リアリティあふれる仮想環境で検証を進めることで、AI(人工知能)...

因縁のライバル、日本vs韓国「自動運転」市場の勝者は?

何かと比較されることが多い日本と韓国。隣国であり、東洋文化を背景にした共通点を持つ一方、政治的な背景からライバル視・敵視するような見方もあり、さまざまな場面で比較対象とされることが多いようだ。 では、自動運転分野ではどうだろう...

自動運転車椅子、「日本vs中国」の争いに火蓋?

中国深センに本社のあるUBTECH社の自動運転ロボット車いす「PathFynder」が、日本で初展開されるようだ。 神奈川県の介護施設で実証実験を行う予定で、大阪で2022年11月30日〜12月2日に開催される介護業界西日本最...