実証実験

自動運転車向けの「遠隔見守りサポートアプリ」誕生!損保ジャパンが発表

日本国内で自動運転車の実証実験が盛んに実施されるようになる中、セーフティドライバーも乗らない本当の「完全無人」に向け、遠隔監視型で実証が行われる事例が増えてきている印象だ。 そんな中、「自動運転車向け遠隔見守りサポートアプリ」...

自宅で観光をバーチャル体験!MaaS実証として実施、移動手段の複合検索機能も...

東京臨海副都心エリアのバーチャルコンテンツを体験できるMaaS実証実験「Enjoy!おうちでお台場」がスタートした。2021年3月22日にかけて実施される。東京都が公募した「令和2年度MaaS社会実装モデル構築に関する実証事業」に採...

仏ヴァレオとDMPが提携!自動運転に必須の自車位置推定とHDマップでタッグ

フランスの自動車部品大手ヴァレオと高精度3次元地図大手のダイナミックマップ基盤(DMP)は2021年3月1日までに、自動運転とADAS(先進運転支援システム)技術の開発加速に向け、パートナーシップを結んだ。 ADASと自動運転...

丸の内仲通りに自動運転モビリティ!試乗人数は500人規模、社会受容性も検証

東京・丸の内仲通りにおいて、「⼤⼿町・丸の内・有楽町地区」(大丸有)におけるスマートシティのプロジェクトとして、自動運転モビリティの実証実験が2021年3月8〜14日に行われる。 今回の実証実験は、一般社団法人「大手町・丸の内...

空飛ぶクルマに予算!吉村知事「川と海の上を通ったらええやん」

大阪府が「2025年大阪・関西万博」での空飛ぶクルマの導入に向け、本腰を入れている。令和3年度(2021年度)の予算案で「空飛ぶクルマ社会実装推進事業費」として2,000万円を新規計上し、社会実装に向けた取り組みを加速する考えだ。 ...

Appleの”極秘”自動運転プロジェクト、判明情報を...

IT・テクノロジー企業として世界屈指の知名度を誇る米Apple(アップル)。これまでに自動運転開発に着手していることが明らかになっており、その動向に注目が集まっている。 しかし、その知名度と期待度に反して具体的な取り組みはほぼ...

自動運転実証、「信号制御機に接続する無線装置」に関する申請要領とは?

自動運転においては、車両とインフラとの円滑な通信が必要となる。特に信号機に関しては、信号情報を正しく車両が受け取ることにより、適切に加減速を行うことが可能になり、自動運転車の安全な走行につながる。 現在、信号情報を車両に対して...

トヨタのWoven City着工!自動運転やAI技術の「ショーケース」にもな...

トヨタ自動車とウーブン・プラネット・ホールディングスは2021年2月23日、静岡県裾野市の東富士工場跡地において、コネクティッドシティ「Woven City」(ウーブン・シティ)の地鎮祭を実施したと発表した。今後、本格的に建設工事が...

乗降地点500カ所!オンデマンド交通「しんゆりシャトル」の実証運行がスタート...

神奈川県川崎市と小田急電鉄は2021年2月21日までに、川崎市内の新百合ヶ丘駅周辺において実施するオンデマンド交通「しんゆりシャトル」の実証運行について発表した。乗降地点は約500地点に上り、バス停よりも高い密度で配置されていること...

「1:2遠隔監視型自動走行」で公道実証!塩尻市でタクシー型乗用車を使用

長野県塩尻市で2021年1月12〜20日にかけ、経済産業省の地域新MaaS創出推進事業「塩尻型地域新MaaS×自動運転実証プロジェクト」における取り組みとして、タクシー型乗用車を用いた「自動運転」公道モデルの実証実験が行われ、その概...