実証実験

自動運転、事故発生が再認識させる「人間くささ」の重要性

滋賀県大津市内で実証中の自動運転バスで、乗客がけがを負う事故が発生した。接触事故などではなく、車両の急制動によって転倒したという。 自動運転関連の事故は、これまで接触や衝突といった直接的な事故が多かったが、今後はこうした車内の...

自動運転の「AIスーツケース」、視覚障害者を誘導

自動運転で視覚障害者を目的地まで誘導する「AIスーツケース」の開発が進められていることをご存じだろうか。東京のお台場にある日本科学未来館などが開発を進めているもので、すでに日本科学未来館や新千歳空港などで実証実験が行われている。 ...

運転席がない!未来的自動運転トラック、ドバイで実証スタート

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでこのほど、ドライバーレストラックの実証実験が初めて開始された。ドバイ企業であるEvocargo(エボカーゴ)がドバイ当局と覚書を交わし行っているもので、2023年2月まで実施されるという。 ...

自動運転バスに「100円」で乗れる!西新宿でレベル2実証

京王電鉄バス株式会社(本社:東京都府中市/代表取締役社長:宮坂周治)は、東京・西新宿エリアで自動運転バスの運行実証を2023年1月23日〜2月26日に行う。 今回の運行実証では、一般ユーザーも運賃100円で乗車可能だ。気軽に自...

空飛ぶクルマが2,000万円!イスラエル企業が2024年販売

イスラエルのスタートアップ企業であるAIR(エア)は2022年12月27日までに、自社開発した空飛ぶクルマ「AIR ONE」が無人飛行に成功したことを発表した。 AIR ONEは垂直に飛び上がったのち、前方飛行を行った。同社は...

「豪雪地帯」で自動運転!北海道岩見沢市で次世代バス実証

自動運転に関するトータルソリューションも手掛ける株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:原一将)はこのほど、国から「特別豪雪地帯」に指定されている北海道岩見沢市北村地区における自動運転EV(電気自動車)バスの公道走行...

2023年「空飛ぶクルマ」市場、大口契約が続々?インフラ整備も加速

陸を走る自動運転車とともに次世代モビリティとして高い期待が寄せられる空飛ぶクルマ。2022年は、国内・海外勢ともに大型販売に向けた話が飛び交うなど、本格実用化を前に徐々に市場が盛り上がってきた印象を受けた。 国内では、実用化に...

2022年「空飛ぶクルマ」10大ニュース!国内ベンチャーも躍進

次世代エアモビリティとして世界各所で開発が進められている空飛ぶクルマ。徐々に市場化が始まり、予約販売契約を結ぶ例も続々と出始めている。 2022年中は、国内、及び国外でどのような進展があったのか。10大ニュースを振り返りながら...

自動運転車の監視、1人で最大3台!成田空港で実証スタート

東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:澁谷直樹)=NTT東日本=はこのほど、「ローカル5G」などを用いた複数台遠隔型自動運転バスの実証実験について発表した。実施期間は2022年12月15日〜2023年2月28日...

【国内版】2022年の「自動運転」10大ニュース!レベル4解禁へ

4月に改正道路交通法が可決され、レベル4や自動走行ロボット解禁までの道筋が明確なものとなった2022年。2023年の法施行を前に各社が取り組みをいっそう加速する1年となった。 自動運転業界ではこの1年でどのような動きがあったの...