実証実験

自動運転、公道の一般道でいつから可能に?高速道路では?

2021年春、渋滞運転機能「トラフィックジャムパイロット」を搭載したホンダ「レジェンド」が発売され、高速道路における自動運転レベル3の実用化がスタートした。速度制限などあるものの、自家用車における自動運転の幕開けだ。 一方、一...

MomentaやNuro!自動運転業界、2022年の大型IPO案件を大胆予想...

中国の自動運転システム開発のスタートアップ企業Momenta(モメンタ)が、上海汽車集団などから新たに2億ドル(約226億円)の出資を受けたことが2021年11月6日までに明らかになった。2021年のMomentaの調達額はおよそ1...

「完全無人」自動運転タクシー、Lyftがラスベガスで2023年から展開へ

米ライドシェア準大手のLyft(リフト)が、セーフティドライバーを乗せない完全自動運転の移動サービスつまり「自動運転タクシー」を、2023年までにラスベガスで開始する計画のようだ。 中国ヒュンダイと米Aptivのジョイントベン...

実績なら日産、ホンダは猛追!自動運転タクシー、「日本初」の称号を得るのは?

自動車メーカーによる次世代交通サービス実現に向けた取り組みが加速している。ホンダと日産はそれぞれ自動運転タクシー(自動運転シャトル)の開発に力を入れ、両社とも実証段階に達している。 自動車メーカーによる国内初の自動運転タクシー...

高齢化の切り札「医療MaaS」、トヨタ系企業が車両供給 三重県で実証実験

医師や看護師の人材事業を手掛けるMRT株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:小川智也)は2021年11月4日までに、経済産業省の「無人自動運転等の先進MaaS実装加速化推進事業(地域新MaaS創出推進事業)」の実証事業に関わ...

「組合せ」で賑わい創出!スマート東京実現へ、南大沢でMaaS実証

東京都は2021年10月31日までに、「スマート東京」の実現に向け、八王子市の南大沢でMaaS(MaaS as a Service)の実証実験を行うことを発表した。「移動」と「買い物」などを組み合わせたチケットを販売するほか、タイム...

宅配ロボの自動運転化、「遠隔(現地無人)」という重要ステップ

自動走行ロボット実用化に向けた取り組みが加速している。多くは歩道などを走行する小型のロボットだが、車道走行を見越した開発も行われており、各地で実証が進められている。 現段階では、実証環境こそ整ったものの、実用化に向けた走行ルー...

⾃動運転バスの信号認識「通信方式が必須」!岐阜市での実証実験で試す

ソフトバンク子会社のBOLDLY株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑兼CEO:佐治友基)は、岐阜市で実施される自動運転バスの実証実験に関する業務を受託したことを発表した。 この実証実験は岐阜市が2021年10月23〜...

量子コンピュータで解決!膨大な計算を要す「空飛ぶクルマ」の管制システム

数十万台のエアモビリティが都市上空を行き交うためには、リアルタイムで最適航路や運行ダイヤを管制するシステムの開発が不可欠だ。この管制システムを実用化するためには、膨大な計算が瞬時に可能なコンピュータが必要になってくる。 そんな...

飲食・物流に続き「医療」でも!自律走行ロボ、藤田医大で導入実証

「飲食×自動配送」「物流×自動運転」に続き、医療業界でも自律走行技術の導入の機運が徐々に高まりつつある。 愛知県豊明市の藤田医科大学と川崎重工業は2021年10月23日から、自律走行による搬送機能を搭載したサービスロボットの実...