ビジネス

自動車データ収益化の世界市場、2028年に10兆円規模!どんなデータが売れる...

米調査会社のEmergen Researchがこのほど、世界の自動車データ収益化市場の予測を発表した。同社によると、コネクテッドカーの急増などを背景にCAGR(年平均成長率)38.5%の伸びを見せ、2028年に869億1,000万ド...

自動運転分野、センサー企業は「データセット提供」でも戦える

センサーを製造している企業が自動運転業界にアプローチする場合、自動運転向けセンサーを開発するのが「王道」だ。しかし米Teledyne FLIRのように、センサーの販売に加え、少しひねったアプローチで別な取り組みを展開している企業もあ...

ドローンの「自律飛行レベル4」が広げる新ビジネスの可能性

ドローンの飛行需要が右肩上がりの伸びを見せている。国土交通省によると、ドローンの飛行許可申請数は2016年度の1万3,535件から2020年度には6万68件と4年間で約4.4倍まで増加している。 今後、技術の進化や航空法の整備...

車両を開発してなくたっていい!自動運転ビジネスへの参入術(米Beepの場合)...

自動運転車を開発・製造していなくても、自動運転ビジネスに参入することは十分可能だ。フロリダ州オーランドに本社があるBeepもそんな会社の1つだ。 ■2つの車種を使って移動・輸送サービスを展開 Beepは複数の自動運転シャトルを使...

【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平がウェビナー「OSS X Users M...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平は、2022年3月23日(水)に開催される無料ウェビナー「OSS X Users Meeting #33 ~オープンソースが創造する未来~」で講演す...

自動運転車に「勝手に稼がせる」6つのアイデア

自動運転開発を手掛けるイスラエルのMobileyeが中国自動車メーカーと手を組み、レベル4自家用車の開発に乗り出した。無人走行が可能な本格的な自動運転をマイカーで味わえる日は、意外と早くやって来るのかもしれない。 こうした自家...

自動運転車で「ととのう」 トヨタe-Palletteで「移動サウナ」は可能?...

トヨタが2018年1月に発表した自動運転EV「e-Palette」。車両の上部部分の「モジュール」を取り替えるだけで、呼べば無人でやってくる移動休憩スペース、移動店舗、移動図書館というように、さまざまな活用方法が見出せそうだ。 ...

【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平が、モビリティ戦略特別セミナーで自動運転...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平は、2022年1月18日(火)に東京都内で開催された「モビリティ戦略特別セミナー」(主催:新社会システム総合研究所)で講演いたしましたので、お知らせ...

【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平が「一気に加速する自動運転・MaaSビジ...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2021年1月18日(火)に開催される新社会システム総合研究所主催の有料セミナー「一気に加速する自動運転・MaaSビジネスの全容」で登壇いたしま...

東京都の自動運転事業、4年目に突入!選定企業、どう変化?

東京都は2018年度から、自動運転技術のビジネス化・実用化に関するプロジェクトに取り組んでいる。都内で自動運転技術の社会実装を進めるため、民間企業からプロジェクトを公募し、選定された企業・プロジェクトを支援することで実用化を後押しし...