ドローン

SkyDrive社が3億円資金調達 Drone Fund 2号、空飛ぶクルマ...

空飛ぶクルマの技術開発を進める株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区/代表取締役:福沢知浩)は2018年11月13日までに、千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合(通称:Drone Fund 2号)から3億円の資金調達を果...

【最新版】CARTIVATOR(カーティベーター)が開発する「空飛ぶクルマ」...

空飛ぶクルマの開発が日本でも活気を帯び始めている。国も空飛ぶクルマの実現に向けて官民協議会を立ち上げるなど新たな産業の育成に力を入れていく方針で、今後、技術開発や制度整備などは加速化していくものと思われる。 この空飛ぶクルマの...

未来決する「革新的事業活動に関する実行計画」 自動運転レベル4や空飛ぶクルマ...

官民連携のもと第4次産業革命をはじめとする将来の成長分野への未来投資戦略を取りまとめる未来投資会議。2020年を大きな目標に掲げており、そのロードマップが「革新的事業活動に関する実行計画」に記されている。 自動運転車の実現...

いつかは空も渋滞する シンガポールで始まる空飛ぶクルマの実証実験 自動運転車...

いつかは空も渋滞する。気の早い話だが、必ずそうなるはずだ。 空飛ぶクルマと空飛ぶタクシーの実証実験がいずれ始まり、法整備も進む。「ドローン進化型」「自動車進化型」「小型航空機型」のどれが主流になるのかは今は分からないが、人々は...

ドバイ政府「年内に国営自動運転タクシー」 最高時速32キロ、LiDARやカメ...

ドバイ交通局(RTA)の幹部が2018年10月22日までに、国営の自動運転タクシーを2018年内にもドバイ市内でサービス開始させることを語っていたことが明らかになった。 最高時速は20マイル(約32キロ)で、4人乗りのベンツ車...

ウーバー、2021年にドローンで空の料理宅配サービス 採用活動開始か

米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズが、早ければ2021年までにドローンを使ったフードデリバリーサービスの提供を計画していることが、2018年10月22日明らかになった。 既にサービスの具体化に向けて重役ポストの採用活動...

自動車学校、迫る”消滅”危機 自動運転社会と2つの苦...

近年、急速な勢いで開発が進む自動運転車。自動運転技術がさらに実用性を増し、一般社会にも自動運転車が広く普及するようになれば、人間が車を運転するという技術は、徐々に必要ないものとなっていく。 日常的に自動車を利用する人にとっては、自動運...

ドバイ警察、AI自動運転技術で街をパトロールする「動く無人交番」をお披露目

ドバイ警察は2018年10月14日、人工知能(AI)を搭載した自動運転の「動く無人交番」を現地で開催された技術系イベント「GITEX Technology Week」でお披露目し、話題になっている。この車両は街の中を無人で巡回するこ...

フィリピン人俳優、1人乗りのドローン系空飛ぶクルマを発明 高さ6mまで上昇可...

元フィリピン人ダンサーであり、俳優やカメラオペレーターの肩書も持つKyxz Mendiola氏が、1人乗りのドローン「ミレニア・コンセプト」を開発・発表したことが2018年10月10日までに明らかになった。 ミレニア・コンセプ...

【最新版】空飛ぶクルマとは? 仕組みや技術、必要なインフラなど

「空飛ぶクルマ」の実現が現実味を帯び始めている。日本を含む世界各国で実証実験が頻繁に行われており、実用化を見据えた法整備やルール作りに関する議論も進みつつある。 舞台が「空」とはいえ、トヨタ自動車や日産などの日本の大手メーカー...