タイヤ

空飛ぶクルマとは?必要な技術や開発企業を解説

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進む。 国内では、官民一体となって研究開発や実用化を見据えた法整備、...

タイヤからの情報で燃費向上!自動運転トラック開発のPlusとGoodyear...

タイヤ大手の米グッドイヤーは2021年8月31日までに、自動運転トラックを開発する米Plus(旧Plus.ai)との戦略的業務提携を発表した。 グッドイヤーがPlusに対してコネクテッドタイヤなどを提供し、Plusが開発する自...

タイヤの摩耗量も検知!住友ゴム「SENSING CORE」が進化 自動運転車...

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市/代表取締役社長:山本悟)は2021年2月19日までに、独自のタイヤセンシング技術「SENSING CORE(センシングコア)」の進化について発表した。 タイヤの空気圧や荷重、路面状態の...

トンネルでも高精度な自車位置測位!アルプスアルパインが開発へ

センシング技術に強みを持つアルプスアルパインと米半導体大手Qualcommの子会社であるQualcomm Technologiesは2021年2月4日までに、カメラ映像を活用した次世代の自車位置測位システム「ViewPose」を共同...

自動運転タクシー、AIが担えない「運転以外」に商機あり!?

注目度が高まっている「自動運転タクシー」。日本でも実証実験が行われるなど、実用化に向けて着々と準備が進んでいる。 その自動運転タクシーの「脳」に相当する部分はAI(人工知能)で、自動運転タクシーにおいてはまさに花形的な技術と言...

自動運転車のタイヤを遠隔監視!住友ゴムと群馬大がシステム構築

運転手いらずで走ることができる自動運転車。では、タイヤの空気圧などを誰がチェックするのだろうか。こうした課題を解決する技術の開発が着々と行われている。 住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市/代表取締役社長:山本悟)は202...

「次世代タイヤ」から得られるデータとは?(深掘り!自動運転×データ 第30回...

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化)の波が押し寄せ、100年に1度の変革の時代を迎えたモビリティ業界。この変革の波は自動車を支えるタイヤにも押し寄せている。 1つは「エアレスタイヤ」の開発で、10...

自動運転見据えた「タイヤセンシング」最前線!TOYO TIREの取り組みは?...

タイヤメーカー大手のTOYO TIRE(トーヨータイヤ)は2020年2月、CASE時代を見据えた新たなタイヤセンシング技術の開発を発表した。AI(人工知能)やデジタル技術を活用して走行中のタイヤパフォーマンスを可視化する技術だ。 ゴム...

自動運転レベル4向けタイヤの空気圧を遠隔監視 住友ゴムと群馬大CRANTS

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市/社長:山本悟)は2019年11月28日、自動運転レベル4(高度運転自動化)に対応したタイヤの空気圧を遠隔でモニタリングできる仕組みを構築したと発表した。 同社は群馬大学の次世代モビリティ社会実...

独大手コンチネンタル、センサー内蔵の次世代タイヤ技術を発表 自動運転タクシー...

ドイツの自動車部品メーカー大手コンチネンタルが、現在ドイツで開催中の「フランクフルトモーターショー(IAA)」において、ホイールやタイヤに関する次世代技術「Conti C.A.R.E.」(コンチ・ケア)を発表した。 この名称に...