アクセル

三菱ふそうトラック・バス、自動運転レベル2の機能を大型EVトラック「スーパー...

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市/代表取締役社長CEO:ハートムット・シック)は2018年9月26日までに、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を搭載した大型EV(電気自動車)トラック「スーパーグレート」を...

ドイツ大手ダイムラー、自動運転トラックの量産化へ 自動運転レベル2の技術搭載...

トラック製造世界大手としての顔も持つ独ダイムラーが2018年9月20日までに、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を搭載した大型トラックを量産化することを発表した。まず欧州から受注を開始し、2019年には日本でも同じ機能を搭載し...

【最新版】自動運転レベル5とは?定義などの基礎知識まとめ

モビリティ業界に「100年に一度の大変革」をもたらす自動運転。その最終形と言われるのが「自動運転レベル5」(完全運転自動化)だ。 運転の主体が完全にシステムに移行することからハンドルやアクセル・ブレーキなどは基本的に必要なくな...

自動運転レベル4のバス、産業技術総合研究所が日立市で実証実験 LiDARなど...

国内最大級の公的研究機関である産業技術総合研究所(所在地:茨城県つくば市/理事長:中鉢良治)は2018年8月29日までに、茨城県日立市において「ラストマイル自動走行の実証評価」を2018年10月19日に実施すると発表した。廃線敷を利...

デンソーなどトヨタ系4社、AI自動運転の技術開発で新会社 アイシン精機、ジェ...

トヨタ自動車グループのデンソーなど4社が、自動運転向けの技術開発で新会社を設立することが2018年8月24日、分かった。報道によれば、デンソーが50%以上を出資するものとみられ、2018年内に設立される予定だ。日本経済新聞が報じた。...

自動運転車、広告業界が狙うのは運転手が自由になる「584時間」 電通は配信プ...

日本人は1日に平均1.6時間程度自動車を運転していると言われている。これは米国の1日平均0.8時間と比べると倍近くの時間になり、1年間に通算すると「1.6時間×365日」で584時間にも及ぶ。今この584時間に注目している業界がある...

AI自動運転車普及で、今の車は将来アンティークに 大儲けのチャンス?

近い将来間違いなく実用化される完全自動運転車。2020年代には限定的な条件下で続々と導入され、2030年代には本格的な普及段階に達するものと思われる。多くの自家用車からハンドルやアクセルペダルがなくなり、食事や読書をしながら快適に移...

三菱ふそう2019年中に自動運転レベル2導入 その後はレベル4へ「飛び級」

2018年4月に三菱ふそうトラック・バスの社長兼最高経営責任者(CEO)に就任したハートムット・シック氏が就任会見の席で、自動運転トラックの導入に言及した。2019年中に自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車両を投入し、その後はレ...

ハンドルが無い完全自動運転車は、AI故障で「鉄の塊」と化す?

知人からこんな話を聞いた。「車の電動リアゲートが故障して、手動でも開かなくなった」と。普段はスイッチ一つで開閉でき非常に便利だが、いざ故障すると自力で対処できなくなる。昔はアナログ的な仕組みだった仕様がコンピュータ化されたことにより...

【最新版】自動運転レベルの基礎知識まとめ

自動運転レベルは、人(運転手)と車(システム)が担う運転動作の比率や技術到達度、走行可能エリアの限定度合いなどによって、レベル0からレベル5の6段階に分類されている。 自動運転レベルは当初、「米運輸省道路交通安全局」(NHTS...