ドイツ大手ダイムラー、自動運転トラックの量産化へ 自動運転レベル2の技術搭載

2019年に日本でも投入へ


トラック製造世界大手としての顔も持つ独ダイムラーが2018年9月20日までに、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を搭載した大型トラックを量産化することを発表した。まず欧州から受注を開始し、2019年には日本でも同じ機能を搭載した車両を販売するようだ。







自動運転レベルは0〜5まで6段階ある。レベル2は「部分運転自動化」と呼ばれ、車両の横の動きを操作するハンドルと、車両の前後の動きを操作するアクセル・ブレーキなどをシステム側が制御する段階とされている。この自動運転レベル2を搭載した大型トラック「アクトロス」を量産する形となる。

アクトロスには光技術で物体との距離などを計測するLiDAR(ライダー)やカメラが搭載されるとされており、前方の車両との車間距離の維持や車線の逸脱防止機能などを備えるとみられる。

【参考】自動運転トラックの関連ニュースとしては「自動運転トラックは「転移学習」で進化 米NVIDIAのAI動画に秘める可能性|自動運転ラボ」も参照。







関連記事