アクセル に関する記事

自動運転レベル2の要件や定義、機能を解説

独Audi社が自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車「A8」を発売して約1年が経つが、法規制などの社会の枠組みが追い付かずほぼ実用化されていないのが現状で、市販車の競争は依然として自動運転レベル2(部分運転自動化)ベースに行わ...

米国で完全自動運転の社会実験へ センサー故障で強制停止、レベル4以上想定

人間のコントロール下に置かれない完全自動運転車の公道走行の実現に向け、アメリカで担当局によるルール作りの動きがにわかに注目を集め始めている。 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2018年10月11日までに自動運転車に関す...

ADASとは? 読み方や定義、機能は? 自動運転との違いは?

昨今発売される新車には、「自動ブレーキ機能標準装備」や「レーンキープアシスト搭載」などの売り文句が当たり前のように並んでいる。ドライバーの運転を支援する「ADAS」の標準化は進んでおり、一部は搭載義務化も検討されているようだ。今回は...

三菱ふそうトラック・バス、自動運転レベル2の機能を大型EVトラック「スーパー...

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市/代表取締役社長CEO:ハートムット・シック)は2018年9月26日までに、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を搭載した大型EV(電気自動車)トラック「スーパーグレート」を...

ドイツ大手ダイムラー、自動運転トラックの量産化へ 自動運転レベル2の技術搭載...

トラック製造世界大手としての顔も持つ独ダイムラーが2018年9月20日までに、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を搭載した大型トラックを量産化することを発表した。まず欧州から受注を開始し、2019年には日本でも同じ機能を搭載し...

自動運転レベル5の定義や各社計画を解説&まとめ 実現はいつ? 必要インフラは...

自動運転の最終形と言われる「自動運転レベル5」。ハンドルやアクセル・ブレーキなどは基本的に必要なくなり、自由な空間で自由な移動を楽しめるクルマの誕生は、モビリティに対する考え方を一変させる。実用化される頃には、取り巻く交通環境も今と...

自動運転レベル4のバス、産業技術総合研究所が日立市で実証実験 LiDARなど...

国内最大級の公的研究機関である産業技術総合研究所(所在地:茨城県つくば市/理事長:中鉢良治)は2018年8月29日までに、茨城県日立市において「ラストマイル自動走行の実証評価」を2018年10月19日に実施すると発表した。廃線敷を利...

デンソーなどトヨタ系4社、AI自動運転の技術開発で新会社 アイシン精機、ジェ...

トヨタ自動車グループのデンソーなど4社が、自動運転向けの技術開発で新会社を設立することが2018年8月24日、分かった。報道によれば、デンソーが50%以上を出資するものとみられ、2018年内に設立される予定だ。日本経済新聞が報じた。...

自動運転車、広告業界が狙うのは運転手が自由になる「584時間」 電通は配信プ...

日本人は1日に平均1.6時間程度自動車を運転していると言われている。これは米国の1日平均0.8時間と比べると倍近くの時間になり、1年間に通算すると「1.6時間×365日」で584時間にも及ぶ。今この584時間に注目している業界がある...

AI自動運転車普及で、今の車は将来アンティークに 大儲けのチャンス?

近い将来間違いなく実用化される完全自動運転車。2020年代には限定的な条件下で続々と導入され、2030年代には本格的な普及段階に達するものと思われる。多くの自家用車からハンドルやアクセルペダルがなくなり、食事や読書をしながら快適に移...