独コンチネンタルの自動運転トップ「公道では2030年以降」と発言

私有地とは違う難しさに言及





出典:コンチネンタル社プレスリリース

ドイツの自動車部品メーカー大手コンチネンタルの自動運転部門のトップであるAndree Hohm氏が、個人所有の自動車が自動運転車にとって代わるようになるのは2030年以降になるという趣旨のコメントをし、欧州メディアなどがこのことについて取り上げている。

独ニーダーザクセン州のハノーファーで開催された同社のテックショーでHohm氏が語ったもので、報道などによれば、Hohm氏は「自動運転車が公道を走れるようになるのはいつか、といつも聞かれる」などと語った上で、このような見方を示したようだ。







Hohm氏は、私有地における自動運転車での運転は今すぐにでもできるが…とも語ったようで、公道での自動運転車の走行には特有のさまざまなハードルがあることを感じさせた。







関連記事