特区内でOK!中国政府、初の自動運転「T4」認可を百度に付与 レベル4相当

T1〜3は既に40社に付与





中国政府は2019年7月3日までに、自動運転開発に取り組むネット検索大手・百度に対し、北京市内における公道走行実験に関して「T4」のライセンスを付与した。







T4のライセンスは、米自動車技術会(SAE)の自動運転レベル4(高度運転自動化)に相当するレベルでの走行を許可するもの。そのため、どこでも自由に走行できるわけではないが、あらかじめ規定されたエリアでの無人走行が認められる。

現地メディアの報道などによれば、今回のT4ライセンスでは、自動運転の特区とされているYizhuang地区の一部エリアで走行が認められるようだ。

中国政府は現在、T1〜T5までのレベルを設定しており、T1〜T3のライセンスは既に世界の約40社に対して付与している。







関連記事