豪LiDARスタートアップ「Baraja」、中国系VCなどから約35億円を資金調達

製造能力増強や人材採用強化へ


出典:Baraja公式サイト

オーストラリアのシドニーに拠点を構えるLiDAR(ライダー)スタートアップのBaraja社が2019年1月6日までに、シリーズAラウンドで3200万ドル(約35億円)の資金調達を行った。

Baraja社は2015年設立。「自動運転の目」と呼ばれるLiDARを開発しており、2018年7月に独自のLiDARシステムをローンチした。







今回の資金調達は中国のベンチャーキャピタル(VC)の「Sequoia China」やオーストラリアをベースにした「Main Sequence Ventures」などから行った。調達資金は製造能力の増強や人材採用の強化などに充てるという。







関連記事