自動運転開発のArgo AI、米カーネギーメロン大に研究所 1500万ドル投資

創業者CEOが同大学にゆかり





出典:Argo AI公式ブログ

フォード傘下の自動運転開発企業Argo AIは2019年6月25日までに、1500万ドル(約16億円)を投じ、AI(人工知能)研究などが盛んな米カーネギーメロン大学に自動運転技術の研究所を設立することを発表した。

Argo AIの創業者で現CEO(最高経営責任者)のBryan Salesky氏は、かつてカーネギーメロン大学のナショナル・ロボティクス・エンジニアリング・センターに所属していた経験を持つ。







カーネギーメロン大学は米自動車大手で自動運転技術の開発に力を入れるGMのほか、ウーバーとの共同研究に取り組んでおり、ウーバーの自動運転開発部門「アドバンスト・テクノロジーズ・グループ」(ATG)は同大学の研究者とともに2015年に設立されたことで知られる。

カーネギーメロン大学側は今回の投資を歓迎しており、次世代技術の開発による社会課題の早期解決などに期待を寄せるコメントを発表している。







関連記事