山口県でバス定期券2.0時代…スマホで管理、ネット決済も可能に MaaSアプリ活用

「岩国バスbyすぐのれ〜る」が登場





出典:岩国バス|エムティーアイバスチケットサービス公式サイト

バスの定期券がネットで買え、しかも紙ではなくスマホを定期券代わりに使えるという取り組みが、山口県で始まった。その立役者はMaaSアプリ「すぐのれ〜る」を手掛ける株式会社エムティーアイ(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:前多俊宏)とその子会社だ。

発表によれば、山口県岩国市で発行されている通学支援定期券「サンキューパス」と同アプリを連携させ、3月25日から「岩国バスbyすぐのれ〜る」アプリとして学生向けに提供を開始した。







これまで窓口でしか購入できなかったバス定期券をいつでもスマホ上から購入できるようにすることで、学生の定期券購入の負担を軽減。さらにバス乗車時にはスマホのアプリ画面を見せるだけで乗車することができるという。

「すぐのれ〜る」は東北でも観光MaaSの取り組みで活用されている。同社は「全国で利用できるMaaSアプリを提供することで、人々がより便利に、スマートに移動できる世の中をサポートします」としている。







関連記事