ティアフォーとNVIDIAがテスラの自動運転に言及!?オンラインサミット、開催迫る

2021年4月21日(水)開催、セッションで何を語る?



NVIDIA日本代表の大崎真孝氏(左)とティアフォー創業者の加藤真平氏=出典:ティアフォー公式サイト

オープンソースの自動運転OS(基本ソフト)を開発する株式会社ティアフォー(東京オフィス:東京都品川区)は2021年4月21日(水)、公式オンラインサミット「Tier IV SUMMIT 2021」を開催する。

オンラインサミットではさまざまなセッションが行われるが、その1つがティアフォーの創業者兼CTOである加藤真平氏と米半導体大手NVIDIAの大崎真孝氏(日本代表兼米国本社副社長)の対談だ。ちなみにティアフォーとNVIDIAは自動運転の分野で協業している。







■テスラの自動運転技術もトピックに

当日公開されるセッションの収録がこのほど行われ、自動運転技術が世界で盛り上がりを見せる中、NVIDIAの過去と現在における技術やビジネスに対するスタンスの違いなどについて語られた。

NVIDIAとタイアップしている企業についても触れられ、日本のトヨタ自動車が紹介されたほか、中国のスタートアップメーカーなどについての言及もあった。また、加藤氏から大崎氏に「ハードとソフト、どちらで戦っていくのか」といった質問が投げかけられた。

対談では、米EV(電気自動車)大手テスラの自動運転技術についてもトピックとしてあがり、NVIDIA日本代表の大崎氏からテスラの自動運転について言及する場面もあった。

ちなみにこの対談セッションのタイトルは「自動運転 × コンピューティングプラットフォーム」で、時間は17:15〜18:00となっている。

■Foxconnの会長やMIHのCEO、WILLER代表も登場

サミットでは、台湾企業Foxconnの会長や、Foxconnが発表したEVプラットフォーム「MIH」のCEO(最高経営責任者)、自動運転サービスを手掛けるWILLERの代表取締役なども登場し、ティアフォーを含め各社の最新の取り組みや業界動向が紹介される予定だ。

Tier IV SUMMIT 2021の申し込みは「https://tier4summit2021.peatix.com/」から可能だ。事前登録が必要だが、参加は無料だ。

申し込み後、Peatixのイベント視聴ページにて、サミット視聴のためのIDとパスワードが確認できるようになり、その情報を使ってイベント当日にサミットにログインできるようになる。サミットの公式サイトは「https://tier4summit.com/」となっている。

いよいよ来週に迫ったティアフォー初のオンラインサミット。ぜひ事前登録の上、視聴してはいかがだろうか。

(Tier IV SUMMIT 2021は、自動運転ラボを運営する株式会社ストロボが制作・運営協力しているイベントです)







関連記事