ソフトバンクとDMP、ダイナミックマップの測量技術で実証実験

正確に測定できなかった場所を特定





高精度3次元地図のイメージ図=出典:ソフトバンクプレスリリース

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/CEO:宮内謙)とダイナミックマップ基盤株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社⻑:中島務)は2019年2月22日、自動運転向けの「ダイナミックマップ」の測量作業に関する実証実験を2019年1月中旬に実施していたことを発表した。

ダイナミックマップは自動運転での走行に活用される高精度3次元(3D)地図のこと。実証実験では、測量用の車両が取得した3次元情報を解析し、遮蔽物などが原因で正確に測定できなかった場所を特定できるか試した。







発表によれば実証実験は成功し、同社は「これによって、正確に測定できなかった場所をすぐに特定できるため、高精度3次元地図の測量作業を効率的に進めることができます」とコメントしている。

測量用の車両には、高精度3次元地図を製作するためのレーザー・カメラ・システムが搭載されたという。







関連記事