空飛ぶクルマ企業SkyDrive、MaaSサービスで大日本印刷とタッグ

「ご一緒できる事が非常に楽しみ」





「空飛ぶクルマ」の開発を手掛ける株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:福澤知浩)は2019年10月16日、総合印刷大手の大日本印刷株式会社と、空飛ぶクルマを活用した「MaaS」の関連サービスを共同開発すると発表した。







大日本印刷は「住まいとモビリティ」をテーマにした事業の開発に取り組んでいる。共同開発のスキームの中には有志団体「CARTIVATOR」も含まれ、次世代モビリティの開発や次世代モビリティを使ったサービスの開発をともに進めていくという。

大日本印刷モビリティ事業部は「CARTIVATORおよびSkyDriveの挑戦を応援するとともに、未来のMaaS拡大を目指し、活動を支援していきます」、SkyDriveの福澤知浩社長は「空飛ぶクルマが、MaaSの拡大の中で、どのような価値を創出出来るのか、事業開発をご一緒できる事が非常に楽しみ」としている。







関連記事