“空飛ぶクルマ”国際コンテスト、日本チーム「teTra」が第3フェーズに進出

100万ドルの賞金、現実味を帯び始める





出典:テトラ・アビエーション社プレスリリース

米ボーイングが協賛する有人エア・モビリティ(空飛ぶクルマ)コンテスト「GoFly」で、日本の学生と社会人の有志チーム「teTra」が善戦している。

発表によれば、第3期へ進出するチームに選ばれたという。現在の残りチームは31チームで、今後、飛行準備審査で安全性などの飛行性能が試されるようだ。最終戦は2020年第1四半期に実施される予定となっている。







teTraのリーダーは東京大学博士課程に在籍する中井佑さん。同チームは2018年末から空飛ぶクルマの開発を進めており、同コンテストで優勝を目指している。最優秀賞に選ばれると100万ドル(約1億1000万円)が贈られる。

teTraは発表の中で「teTraのプロジェクトを応援していただけるメンバー、スポンサーを随時募集しています」としている。詳しくはプロジェクトのウェブサイト「https://jp.tetra-gofly.com/」も参照。







関連記事