自動運転開発のSBドライブ、2019年3月期決算は純損失3.3億円を計上 ソフトバンクグループ傘下

第3期、利益剰余金は8.4億円のマイナス





出典:官報

ソフトバンクグループ(SBG)傘下で自動運転技術を開発するSBドライブ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:佐治友基)の第3期決算(2019年3月31日現在)が、2019年6月24日付の官報に掲載された。

当期までの利益や損失の累計である利益剰余金は8億4037万2000円のマイナス。当期純損失は3億3463万6000円で、前期の純損失額4億2368万6000円からは縮小した。







当期純利益と利益剰余金を含む各数字は以下の通り。

貸借対照表の要旨(単位:千円)

資産の部
流動資産 115,872
固定資産 723,264
資産合計 839,136
====
負債・純資産の部
流動負債 151,509
(賞与引当金 32,768)
負債合計 151,509
株主資本 687,627
資本金 764,000
資本剰余金 764,000
資本準備金 764,000
利益剰余金 △840,372
・・その他利益剰余金 △840,372
純資産合計 687,627
負債・純資産合計 839,136

損益計算書の要旨(単位:千円)

売上高 142,235
売上原価 129,684
売上総利益 12,550
販売費及び一般管理費 346,695
営業損失 334,144
営業外収益 783
営業外費用 325
経常損失 333,686
税引前当期純損失 333,686
法人税、住民税及び事業税 950
当期純損失 334,636







関連記事