近鉄レンタリースとオリックス自動車、カーシェア事業で業務提携を発表

近鉄沿線に22台のカーシェア配備





出典:オリックス自動車プレスリリース

レンタカー事業を展開する近鉄レンタリース株式会社(本社:大阪府大阪市/社長:日根野谷竹司)は2019年3月26日までに、オリックス自動車株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:上谷内祐二)とカーシェアリング事業における業務提携を行なったと発表した。

近畿日本鉄道沿線での交通の利便性を高めることが目的。近鉄沿線を中心に合計22台のカーシェアリング車両を配備するという。







近鉄グループでは鉄道利用者に対し、バスやタクシー、レンタカーなどを2次交通として提供してきた。今後はカーシェアリングも新たな選択肢となる。

レンタカー事業などを展開するオリックス自動車は、2002年に日本で初めてカーシェアリング事業を開始した。2018年9月末時点で、首都圏や近畿圏を中心に全国1695拠点で事業を展開している。今回の近鉄レンタリースとの提携で、事業をより拡大した形だ。







関連記事