日本のライドシェアサービス「nori-naマップ」、第一生命保険との連携を発表

Snap Insurance内で補償を展開





出典:ZERO TO ONEプレスリリース

株式会社ZERO TO ONE(本社:東京都千代田区/代表取締役会長:石田誠)は2019年8月22日までに、同社が展開するライドシェアサービス「nori-naマップ」(ノリーナマップ)における補償を、第一生命保険が販売するレジャー保険「Snap Insurance」内で展開していくことを発表した。

nori-naマップは、車の運転手と相乗り希望者をマッチングする相乗りサービス。ガソリン代や高速代などの負担をシェアすることで、コストを抑えて移動することを可能にする仕組みだ。







同社は「ライドシェア同乗中の事故やトラブルに備え、『Snap Insurance』への加入を促進し活用していただくことで、これまで以上に気軽に、そして安心して相乗りをおこなっていただけます」としている。

発表によれば、Snap Insuranceによる補償はライドシェアをしている最中のほか、移動した先におけるアクティビティなども対象となるようだ。







関連記事