ネクスティエレクトロニクス社、車載Ethernetテスト事業で中国に合弁会社

次世代自動車における普及を促進





コネクテッドカーにおいて車載Ethernetの活用が期待される中、豊田通商グループの株式会社ネクスティエレクトロニクスは2019年6月26日、中国国内のOEMやティア1企業(一次部品メーカー)に対して車載Ethernetテストサービスなどを提供する合弁会社を中国常州市で設立したと発表した。







合弁会社は、ネクスティエレクトロニクス社のグループ会社2社と中国汽車技術研究中心有限公司のグループ会社によるもの。中国汽車技術研究中心有限公司は、中国国内で自動車の国家基準を唯一策定できる企業として知られている。

車載Ethernetは通信データの高速化と大容量化に対応可能な技術として、次世代自動車の車載通信分野において注目を集めている。報道発表では「中国における車載Ethernetの普及、次世代モビリティーの加速・促進に貢献していきます」としている。

合弁会社名は「中汽研瑷睿赛安斯(常州)智能科技有限公司」。英語名は「CATARC AERI C&S (Changzhou) Intelligence Technology」。







関連記事