タクシー相乗りスタートアップのNearMe、京急アクセラの第2期採択企業に選出

「人のラストワンマイル」に挑む





タクシー相乗りアプリなどを手掛ける株式会社NearMe(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:髙原幸一郎社長)は2019年4月21日までに、「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第2期の採択企業に選出されたことを発表した。







このプログラムは京浜急行電鉄株式会社と株式会社サムライインキュベートが共同で実施する取り組みで、ベンチャー企業やスタートアップ企業と連携しながら新しい移動サービスの創出を目的としている。移動サービスと地域の魅力をつなげる「地域連携型MaaS」の実現なども計画している。

NearMeは「同じ方向に向かう人同士でタクシーに相乗りする」というタクシー相乗りアプリを開発・運営しているスタートアップ企業だ。タクシー待ちの行列を解消し、料金を分割することでリーズナブルに移動することができる。

NearMeの高原社長は報道発表の中で「弊社の持つマッチング・アルゴリズムと京急グループが持つ既存モビリティを掛け合わせることで、新しい移動体験を創出することができる」と強調。その上で「中長期的には、『人のラストワンマイル』問題を解決するオンデマンド・移動サービスを展開することを目指す」と意気込みを述べている。

プログラムではまず観光エリアなどで相乗り移動サービスの実証実験を開始する予定だ。







関連記事