ミツバと群馬大学と桐生市、3種類の自動運転車両で実証実験

バスとコミューターと1人乗り





実証実験に使う車両=出典:桐生市公式ウェブサイト

自動車部品大手のミツバと群馬大学は2019年5月25日と26日の2日間、群馬県桐生市とともに市内で自動運転車両を使った実証実験を実施する。

「自動運転バス」「自動運転コミューター」「自動運転超小型電気自動車(1人乗り)」が登場する実証実験で、実証実験の名称は「自動運転を核とした地域密着型のモビリティネットワーク構築の実証実験」。発表によれば、モビリティネットワーク社会実装研究の一環として実施されるという。







ミツバと群馬大学、桐生市の3者は2018年3月、地域の移動課題の解決に向けて共同で研究を進めることに合意している。当時の記者会見では、今回実施することを発表した実証実験についても触れていた。

桐生市は現在、自動運転バスの試乗モニターを募集している。申込締切は5月10日。詳しくは「応募ページ」から確認できる。







関連記事