MS&AD、MaaS向け保険領域などでイスラエル企業と業務提携

FinTLV社とSOSA社の2社と





保険・金融サービス事業を展開するMS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(本社:東京都中央区/社長:柄澤康喜)は2019年5月15日までに、MaaS(Mobility as a Service)など向けの保険関係領域も協業範囲とした業務提携について、イスラエル企業2社と合意したことを発表した。







協業分野は、インシュアテックや健康・医療、AI(人工知能)、IoT、サイバーセキュリティなどで、同社は「イスラエル発の先進的なスタートアップ企業の発掘や業務提携を通じて、先進技術、革新的な保険商品・サービス、ノウハウの提供を目指します」としている。

業務提携に合意したのは、2016年創業のFinTLV社と2014年創業のSOSA社。両社の概要はそれぞれ下記の通り。

▼Fin TLV LTD.(FinTLV社)
代表者:Gil Arazi氏、Gilbert Ohana氏
主な事業内容:インシュアテックに特化したスタートアップと大手保険会社の相互紹介、新規事業提携を支援するイスラエルの専門組織。
ウェブサイト:http://fintlv.com/

▼SOSA TLV LTD.(SOSA社)
代表者:Uzi Scheffer氏
主な事業内容:テレアビブとニューヨークにあるイノベーションセンターを運営し、最先端技術を誇るエコシステムへのアクセスを提供。150か国からの企業や投資家、8500社のスタートアップやハイテク会社のネットワークを有し、ニューヨーク市政府からサイバーセキュリティ専用組織「GlobalCyber Center」の創立と運営を受託。
ウェブサイト:https://sosa.co/

【参考】関連記事としては「自動運転社会の到来で激変する9つの業界」も参照。







関連記事