AP技術有するKudan、自動運転領域で半導体商社マクニカと提携

ソリューションや商品を共同開発





人工知覚(AP)技術などを有するKudan株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:大野智弘)は2019年9月17日、半導体商社のマクニカと業務提携すると発表した。自動運転などの次世代モビリティに関するビジネスにおいて、協業をスタートさせる。







報道発表では、協業による共同研究開発ソリューションや商品の例として、「GPS(全地球方位システム)に頼らずに自律ナビゲーションが可能なセンシング技術の統合及びハードウェアパッケージ商品」「人工知能(AI)とも統合した新たなモビリティソリューション」などが挙げられている。

超高精度な広域HDマップの生成に関する点でも協業する。こうしたソリューションや商品を共同開発することで、両社は自動運転の社会実装を加速させることに寄与していきたい考えだという。

【参考】関連記事としては「日本ユニシス、自動運転やMaaSでAP技術開発のKudanと協業」も参照。







関連記事