【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平が海外投資家向けの「5Gシンポジウム・ジャパン」に登壇します

2019年5月27〜28日、メリルリンチ日本証券主催





自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2019年5月27日(月)〜28日(火)に開催されるメリルリンチ日本証券主催の「5Gシンポジウム・ジャパン」で登壇することが決まりましたので、お知らせいたします。







講演時間は5月27日(月)午後2時から午後3時30分で、講演テーマは「How 5G will enable the Autonomous Driving / Connected Car」。シンポジウムはバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの海外アナリスト及び海外顧客向けに開催するもので、当日は自動運転車やコネクテッドカーと5Gの関係性などについて、業界の最新情報などを交えて解説します。

シンポジウムでは、富士通やソフトバンク、NTT、NTTドコモ、エリクソン、通信計測機器メーカー大手のアンリツ、通信工事大手のコムシスなどからもエキスパートが招かれるほか、総務省の5G担当者や慶應義塾大学の眞田幸俊教授による講演も行われます。

▼2019年5月27日の登壇企業・登壇者は以下の通りです
・総務省:Mr. Yuya Seo, Deputy Director, Telecommunications Bureau(テーマ「Japan’s 5G roadmap and partnerships with the private sector」)
・富士通:Mr.Shingo Mizuno, Corporate Executive Officer, Vice Head of Service Platform Business
・アンリツ
・ストロボ(自動運転ラボ):Mr. Teppei Shimoyama, Representative of Autonomous Driving Lab(テーマ「How 5G will enable the Autonomous Driving / Connected Car」)
・ソフトバンク

▼2019年5月28日の登壇企業・登壇者は以下の通りです
・コムシス:Mr. Ryoji Takaichi, IR Department General Manager
・NTT
・エリクソン・ジャパン: Mr. Masanobu Fujioka, CTO(テーマ「5G Implementation: Japan and rest of the world」)
・慶應義塾大学:Prof. Yukitoshi Sanada(テーマ「The Road Ahead for 5G: Standardization and Real-life Applications」)
・NTTドコモ:Mr. Youichirou Kounoike, Senior Manager of 5G Business Office

【参考】下山の登壇情報につきましては「こちら」からご確認できます。







関連記事