GPSが使えないトンネルで、ドローンの自動運転飛行に成功!ゼンリンデータコムとJR北海道が実証実験

人による検査の一部でドローンを活用





出典:ゼンリンデータコム・プレスリリース

ゼンリン子会社の株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区/代表取締役社長:清水辰彦)と北海道旅客鉄道株式会社(本社:北海道札幌市/代表取締役:島田修)=JR北海道=は2019年11月20日までに、GPS(全地球測位システム)が使えない環境の廃線トンネル内でドローンを自動運転飛行させる実証実験を共同で実施したことを発表した。

この実証実験の目的は、人の目や手で行っていた検査の一部でドローンを活用すること。将来的な労働力不足を見据えた設備管理の効率アップのほか、線路内への立ち入り機会を減らすことで安全性を向上させることも目指している。







非GPS環境下での飛行では、トンネルの形状などをリアルタイムに把握し、その形状などを基に自己位置を把握する技術が必要となるが、実験中のドローンは飛行中も大きくぶれることなくトンネル内を進み、搭載されたカメラでトンネル内の全面撮影を行った。

ゼンリンデータコムはこの実験でドローン飛行の技術サポートを担当し、今後もJR北海道と共同で研究開発していく予定だという。将来的にはドローンの撮影画像を活用してAI(人工知能)による解析を行うことも視野に入れている。

ゼンリンデータコムはグループで連携し、空の産業革命と呼ばれるドローンの飛行障害となるインフラ情報の3次元化や人口統計情報、電波強度情報、気象観測システム、安全な飛行ルートの探索など、安全運行に必要な様々なデータの統合管理システムの開発を進めている。同時に自動運転の基盤となる高精細な地図情報の開発も進めている。







関連記事